« インド旅行(4)アジャンタ | トップページ | インド旅行(6)アグラ »

2007年2月19日 (月)

インド旅行(5)デリー、アグラ

1月2日
寒くて目が覚める。ホテル内でサンドイッチを食べた後、外へ。外へ出るだけで憂鬱。

駅に行って、今度こそアグラ行きの切符を手配しようとするが、「今日は外国人窓口は休みだ」という客引きやら、硬直的な窓口やら、霧で列車が遅れているという情報やらに散々翻弄される。途方にくれているところに「駅では手配できない、ITBに行け」という客引きに捕まる。列車の切符が買えないなんて、あちこち旅行しているけどここが最初で最後。

で、結局その怪しげな代理店でアグラへの「ミニバス」、アグラの宿、そしてなぜかデリーに帰ってきてからの宿まで言葉巧みにすすめられ、手配。しかもやってきた「ミニバス」はただのハッチバックで、客は自分だけ。要は車のチャーターを売りつけられた。しかし、もう疲れ切っていたので、それでももういいと諦め、その車でアグラへ。

アグラ郊外のシカンドラ(ムガール朝の霊廟)に立ち寄った後、アグラのホテルへ。1万円近くするホテルだが、鍵の壊れた部屋に通される(もちろん変更させた)。そして旅の最大のハイライト、タージ・マハルへ。

前から見ると、絵はがきと同じで感動は薄かったが、後ろから、そして横から間近で見るタージ・マハルは、その大理石の「塊感」が圧倒的で、超すばらしい。このために、さんざん苦労したのだと、別の意味でも感慨深い。後ろ側は観光客も少なく、日が暮れ、霧も濃くなり、だんだんおぼろげになっていくその姿を、一人でぼーっと堪能する。
Taj_mahar
美しいだけではない、存在感がある【タージ・マハール】

その後、どうでもいいみやげ屋に連れて行かれる(その店のスタンプがどうしてもいるとドライバーにせがまれ・・・それが"My job"だとまでのたまった)。夕食は中華風。カレーを食べないのが重要だと、そのときは思った。そのツケは大きかったのだが。

|

« インド旅行(4)アジャンタ | トップページ | インド旅行(6)アグラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インド旅行(4)アジャンタ | トップページ | インド旅行(6)アグラ »