« マルタ・イタリア旅行(10)実用情報・マルタ編 | トップページ | 世界の夕焼け(1)米国 サンディエゴ »

2008年6月 9日 (月)

旅の飲み物(3')イタリアのエスプレッソ<改>

今までの旅行でもっとも「はまった」のが、イタリアのエスプレッソである。

うまい、早い、安いの三拍子が揃っている。そして何より素晴らしいのが、どこで飲んでも大抵はうまい、ということである。駅や空港の構内で、ローカルなも のや名物を飲み食いすると、大して美味しくなかったり、地元っぽくなかったりしてガッカリすることがままあるのだが、イタリアではたとえ駅や空港でもエス プレッソはうまい。

スペイン旅行(7)アランフェス、マドリッドに も書いたが、スペイン旅行の帰り道、トランジットでローマ空港に行ったときのこと。スペインではあまりいいことがなかったので、スペインの腹いせをイタリ アで解消しようと思い、1ユーロ・コインを握りしめ、空港内のBarに向かった。そこで飲んだエスプレッソは、期待に違わず美味かった。スペインでもエス プレッソは何杯も飲んだが、なぜこんなに味が違うのか。

2度目のイタリア旅行でも、エスプレッソは毎日数回飲んだ。器が熱いことが多く、それがうまいと感じる一因かもしれない。惜しむらくは、量がわずかで、二口か三口で飲み終わってしまうこと。かといってドッピオにしてたくさん飲むと、なんだか違う飲み物のような気がしてくる。イタリアのバールは立ち席と座席とで値段が違うが、それはイタリア人は座るとしゃべりまくって長居するからだけではなく、立ち席だと一瞬のうちに客が立ち去るからなのかもしれない。・・・立ち席でしゃべり続けている客もいるが。

Dsc03023
チェイサーよろしく、冷水を一緒に出してくれる店も多い【カゼルタ】

|

« マルタ・イタリア旅行(10)実用情報・マルタ編 | トップページ | 世界の夕焼け(1)米国 サンディエゴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マルタ・イタリア旅行(10)実用情報・マルタ編 | トップページ | 世界の夕焼け(1)米国 サンディエゴ »