« カタルーニャ旅行(6)実用情報 | トップページ | 世界の夜明け(10)スペイン バルセロナ・タラゴナ間 »

2011年1月28日 (金)

旅の酒(11)スペイン(ガリシア州)のリベイロ・ワイン

ガリシア州は海産物で有名。そのため、同州内のサンティアゴ・デ・コンポステーラでの昼食は海産物にしようと思う。ガイドブックによると、「リベイロ・ワイン」が、酸味があり、白濁した発泡性ワインで、魚介にあうという。なので、きいてみると、ハウスワインであるという。

白ワインだと勝手に思っていたが、出てきたのは赤ワイン。飲んでみるとさっぱりと酸味がきいて、美味。注文したムール貝やタコにもよく合う。がぶがぶと飲んでしまった。
Ribeiro_red_wine
プロポ・ア・ラ・ガジェガ(タコ)、リベイロ・ワイン、そしてムール貝【サンティアゴ・デ・コンポステーラ】

|

« カタルーニャ旅行(6)実用情報 | トップページ | 世界の夜明け(10)スペイン バルセロナ・タラゴナ間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カタルーニャ旅行(6)実用情報 | トップページ | 世界の夜明け(10)スペイン バルセロナ・タラゴナ間 »