« 通りすがりの祭り(6)ロンドンの五月祭(イギリス) | トップページ | 欧州の世界遺産(1)ベルリンの博物館島 »

2013年6月23日 (日)

通りすがりの祭り(7)バルセロナの大晦日(スペイン)

12月31日、バルセロナの中心部であるゴシック地区のサン・ジャウマ広場に行くと、なにやら賑やか。スチール・ドラムなどの打楽器を打ち鳴らしている楽団がいる。よくみると、みな付け鼻をつけている。
Sant_jaumes_square_in_barcelona_1
付け鼻リズム隊【バルセロナ】

すると、おじさんの着ぐるみが登場。鍵の形をしたパンを持っており、それをシルクハットの一団に手渡す儀式みたいなものが執り行われていた。付け鼻はこのおじさんの象徴なのだろうか。
Sant_jaumes_square_in_barcelona_2
鍵パンを渡す【バルセロナ】

この広場はカタルーニャ州庁舎とバルセロナ市役所に面している、バルセロナの政治・行政の中心地である。鍵のパンは州庁舎か市役所か、どちらかに運び込まれたと思うが、どちらかは覚えていない。いずれにしても、何らかの歴史的なイベントを再現したようなものだと思うが、結局未だ分からずじまい。

|

« 通りすがりの祭り(6)ロンドンの五月祭(イギリス) | トップページ | 欧州の世界遺産(1)ベルリンの博物館島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 通りすがりの祭り(6)ロンドンの五月祭(イギリス) | トップページ | 欧州の世界遺産(1)ベルリンの博物館島 »