« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月31日 (月)

アニマル・プラネット(29)バッファロー(ンゴロンゴロ保全地域)

アフリカのサファリにおけるBIG5といえば、ライオン、ヒョウ、サイ、ゾウ、そしてバッファローである。もともとはハンティングの際に危険な動物という意味だったようだが、今では見学したい動物のトップ、という意味合いで使われる。

このうち今回の旅行ではサイ以外の4種を見ることができた。その中でも一番地味と言えそうなのがバッファロー、日本語ではアフリカスイギュウであった。
Buffalo_in_ngorongoro
おとなしく草をはむバッファロー【ンゴロンゴロ保全地域】

| | コメント (0)

2016年10月28日 (金)

世界の主食(19)タンザニアのウガリ

タンザニアなど東アフリカや南部アフリカでは、ウガリが主食として食べられている。穀物の粉を湯で練って作る食べ物で、原料の穀物は伝統的にはソルガム(コーリャン)やトウジンビエなどだったようだが、今ではトウモロコシも使われるようだ。
Ugali_in_arusha
手前の皿の白いものがウガリ【アルーシャ】

本来は手で取って食べるもののようだが、ナイフで切って食べた。それぐらい堅かった。味は・・・特にない。
Restaurant_in_arusha
閉店間際で他に客がいなかった食堂【アルーシャ】

| | コメント (0)

2016年10月25日 (火)

アニマル・プラネット(28)シマウマ、ヌー、インパラ、トムソンガゼル(セレンゲティ国立公園)

タンザニアでのサファリでは、特定の動物が群れを成しているだけでなく、複数の種類の動物が群れている場面もあった。

それを紹介しようと写真を探したが、なかなかまともに写っている写真がない。ましだったのが下の写真。よく一緒に群れているヌーとシマウマに加え、インパラ、トムソンガゼルも集合。今回最も頻繁に見かけたこの4種だが、全部が一緒にいたのはこの時だけかもしれない。
Animals_in_serengeti
望遠レンズで撮っているので、実際はそこそこ離れているが【セレンゲティ国立公園】

| | コメント (0)

2016年10月22日 (土)

アニマル・プラネット(27)チーター(セレンゲティ国立公園)

地上最速の動物、チーター。残念ながら走っている姿は見ることはできなかったが、食後のチーターにはお目に書かれた。
Cheetah_in_serengeti
口の周りを赤く染め【セレンゲティ国立公園】

| | コメント (0)

2016年10月19日 (水)

マーケット・ウォッチ(30)ザンジバルのマーケット

ザンジバルの旧市街、ストーン・タウンの大通りに面して建っていた写真の建物の内部は、肉や魚を扱うブースが並び、ものすごい活気だった。そして建物を抜けると、小道の上を布で覆ったエリアに香辛料や野菜を扱う店が。さらに進むと、布の天井はなくなり、道路沿いに雑貨や服を扱う店が並ぶ。建物から離れていくに従い、だんだん人が少なくなっていく。

こうした構成はアラブ風に言えば「スーク」という感じで、この町がアラブ人の影響を受けていることを如実に示すものであると感じられた。
Market_in_zanzibar
ザンジバルのマーケット

| | コメント (0)

2016年10月16日 (日)

アニマル・プラネット(26)インパラ(セレンゲティ国立公園)

セレンゲティ国立公園内でよく見かけた動物は、シマウマ、トムソンガゼル、ヌー、そしてインパラである。見かける頻度も高かったし、たいてい大勢で群れていたので見た個体数も多かった。
Impala_in_serengeti
インパラの群れ【セレンゲティ国立公園】

群れの中にはじっとこっちを見ている個体が必ずと言っていいほどいるのも、興味深かった。肉食動物とはまた違う目力を感じたものだった。

| | コメント (0)

2016年10月13日 (木)

世界の夜明け(16)タンザニア セレンゲティ国立公園

タンザニアのサファリツアー中は、別に目覚まし時計をかけたわけでもないのだが、毎日夜明け前に目が覚め、日の出を見ることができた。鳥たちが鳴きだして、なんとなく騒がしくなるからだろうか。生活のリズムが太陽とともにあるように変わったからだろうか。
Sunrise_in_serengeti
ロボ・エリアのキャンプサイトから見た日の出【セレンゲティ国立公園】

| | コメント (0)

2016年10月10日 (月)

アニマル・プラネット(25)シマウマ(セレンゲティ国立公園)

タンザニアのサファリでよく目にした動物の一つがシマウマ。あちこちで群れに遭遇した。

大勢で群れていながら、そのなかで二頭が並んで仲睦まじく草を食んだり、こちらをじっと眺めている姿にもよく見かけた。
Zebbra_in_serengeti
どういう関係なのかよくわからないが。【セレンゲティ国立公園】

| | コメント (0)

2016年10月 7日 (金)

世界の夕焼け(38)タンザニア セレンゲティ国立公園

サファリ・ツアーでは、当たり前だが人工的な明かりがないところを走るので、日没前にその日の宿泊地にたどり着かなくてはならない。なので、ほぼ毎日のように、一日の後半はドライバーにせかされて、のんびり写真が撮れなかった。

サファリ初日はぎりぎり日没前に到着。おかげで沈みゆく太陽の写真が撮れた。
Sunset_in_serengeti
真っ赤に燃える太陽【セレンゲティ国立公園】

| | コメント (0)

2016年10月 4日 (火)

タンザニア旅行(9)実用情報

今回はほとんどサファリ・ツアーに乗っかっていたので、有益な情報はあまりないのだが、「歩き方」に載っていない、あるいは若干変わっていた情報を中心に。

■サファリ・ツアーの選び方
現地の状況はわからないので、トリップアドバイザーやsafaribookings.comなどのサイトにおけるツアー会社へのユーザーからの評価をみて、それを参考に選ぶとよいと思われる。
Masai_giraffes_in_serengeti
二頭のマサイキリン、奥にはシマウマとヌー【セレンゲティ国立公園】

■アルーシャ
・キリマンジャロ国際空港からアルーシャ市街地までのアクセス:航空会社によるシャトルバスが走っているはずだが、おそらく、プレシジョン航空とファスト・ジェットの便に合わせて運行されているようで、他の航空会社の便が到着してもバスはない。結局、タクシーで移動。50米ドル、所要75分ほど。

・アルーシャ市街地からアルーシャ空港までのアクセス:ホテルに頼んで呼んでもらった。30,000シリング(約1,400円)、所要約10分ほど。

■ザンジバル
・空港、ストーンタウン間のアクセス:タクシーで約13~19分、20,000~22,000シリング(約930~1000円)。

・旧奴隷市場にある東アフリカ奴隷貿易展示:奴隷市場跡地に立つ大聖堂とおそらくセットで10,000シリング(約470円)

・パレス博物館:6,000シリング(約280円)

| | コメント (0)

2016年10月 1日 (土)

タンザニア旅行(8)ザンジバル

9月3日
朝食もホテルで。スイカジュース(甘い)とマンゴー(酸っぱい)が美味。ビュッフェのテーブルの上を小さなゴキ・・のような虫がのんびり歩く。虫もポレポレ(スワヒリ語で「ゆっくり」)か。

チェックアウトして8時20分頃にホテルを出る。まずは海辺へ。小舟がたくさん浮かぶ。貨物船の停泊する港も見える。そして、強烈な日差し。海辺のフォロダニ公園を散策後、オールドアラブ砦へ。サンゴが混ざっているような石を使っている。次いでパレス博物館へ。19世紀以降ザンジバルを支配していた歴代スルタンの居城。ガイドが案内し始めたので、まあいいやと思い、案内してもらう。ヨーロッパ、インド、中国などからの調度品が並ぶ。建物はアラブ風か。中途半端な金持ちの館という感じ。象牙、亀の甲羅、クローブ(丁子)を輸出しているとの説明で、奴隷貿易への言及はなし。

海に並行して港に向かって歩く。やたらと猫がいる。旅客ターミナル前にある「The Old Dispensary」へ。インド人建築家によるコロニアル調の薄緑の壁の建物で、将来は博物館になる予定らしいが、今はちょっと土産屋が入っているのみ。

さらに港の周りを歩き、「シネ・アフリーク」の前にある露店へ。「コーヒー?ジンジャーティ?」と聞いてきたので、コーヒーを。小さな湯呑かお猪口のような器に、ヤカンからコーヒーを注がれる。まろやかで苦く、素晴らしく美味。「歩き方」によると、「鍋で似たコーヒーを網でろ過」したものらしいが、制作風景はみられず。段差があるのでそこに腰かけて飲む。隣の男曰く、ザンジバルの人は皆、英語、スワヒリ語、アラビア語を話すという。道行く人も黒人だけでなく、アラブ系の人も多い。

その後、ストーンタウンの路地へ。大通りから見えた石のミナレットのようなものを目指したが、道が曲がりくねっていてたどり着かない。どちらかというと生活空間に迷い込んだ感じ。さらにクリーク通りまで出たが、思い直して港に戻り、フングニ魚市場へ。客がまったくおらず(猫はいる)、活気がない。いくつかのブースに男たちが陣取り、魚をさばいていたりするので、写真を撮らせてもらう。昨晩食べたチャングーも。

クリーク通りに戻り、その西にある商店街へ。やはり曲がりくねった路地で、アラブ風にいえばスーク。さまようだけで楽しい。
Stone_town_in_zanzibar
ストーンタウンの路地

だんだん、どこにいるのかわからなくなってきたので、いいったん、大通りへ。いろいろ迷った挙句、交差点にある食堂へ。ヤギの肉のスープと、バナナ、ビーフを。バナナはイモのようでホクホクというかパサパサしている。食後、店員に道を聞いたが、かなり怪しい感じ。

マーケットの建物らしい着物があるので中へ。果物、魚、肉、野菜と売られ、すごい活気。建物の外側にも市場が広がる。そして建物から離れるにつれて、店も人も少なくなっていく。どこがどこだかわからなくなり、軍人だか警官だか警備員だかに道を聞く。大雑把な説明だったが、旧奴隷市場に無事に到着。各地から奴隷が集められ、ここでその売買が行われていたという場所。

2016年5月にEUなどの支援で「東アフリカ奴隷貿易展示」なるものがオープンしたもよう。東アフリカにおける奴隷貿易とその終焉の歴史をパネルで説明。欧米が悪いのではなく、アフリカ、インド洋にはもともと奴隷売買があったのだというスタンスの説明。それを終わらせたのは英国とも(大西洋の奴隷貿易を開始した英国が皮肉にも、という言い方ではあるが)。何はともあれ、人類の歴史上、このようなひどいことが行われていたことに改めて驚くとともに、悲しくもなる。建物地下には奴隷を収容していたという天井の低い部屋も残っている。市場跡地に建てられた大聖堂も見学。

見学後、海と思しき方向に歩く。・・・海は見えた。が、港も、オールドアラブ砦も見えない。どうしたことか。さらに歩くと、こっちの道には来るな、ここはステート・ハウスだと警備員らしき男(それらしい格好をしていないのだが)に警告される。・・・ステート・ハウス?地図を見せてここはどこかと聞いても、ほかの人に聞けと言って教えてくれない。仕方なく地図をよくよく眺めていると・・・みつかった。島の北西にあるオールドアラブ砦のある海岸を目指していたつもりが、島の南西の海岸にたどり着いていた。そんな遠くに来るつもりはなかったのだが。

北側に戻ろうと方向を変えると・・・さっき通った道に。この道はここにあるはずないのだが。もう何が何だかわからない。通りすがりの男に方向を聞いたりして(チップ目的のようだったが・・・ごめんなさい)、再びストーンタウンの路地をさまよう。インド系の顔立ちの人がいると思ったら、ヒンズー教の寺院まである。

そして何とか北西側の海岸に到着。スルタンの建てた宮殿「驚嘆の家」へ。中はザンジバルの歴史をパネルで説明。しかしいろいろ疲れてちゃんと読む気力がない。広い吹き抜けには、本物の(らしい)ダウ船も展示。

その後、旧英国領事館を探したが見つからないので、あきらめてホテルへ。そしてホテルで手配したタクシーで空港へ。そして18時前発のカタール航空で5時間半弱でドーハへ。トルココーヒーで一服。

9月4日
午前3時発のカタール航空で、10時間弱のフライトで成田へ。

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »