« 金沢・五箇山旅行(1)金沢 | トップページ | 猫だらけ(13)ウユニ塩湖近隣の村 »

2016年11月 9日 (水)

金沢・五箇山旅行(2)金沢、五箇山

10月16日
朝から温泉。体が火照る。朝食は旅館で。ご飯は新米とのことで、うまい。タクシーで8分ほどで森本駅へ、そしてIRいしかわ鉄道で10分弱で金沢駅へ。そして北陸鉄道バスで8分ほどで近江町市場へ。日曜のせいか、あるいは早すぎるせいか、閉まっている店もあり、やや静かか。がうろうろしているうちに賑わいが出てきた。旅館で腹いっぱい食べてしまったことを後悔しながらも、生ガキ、次いでノドグロの刺身(軽く炙ったもの)を食す。美味。

バスで金沢駅に戻り、駅ビル内で金時草(加賀野菜の一つ)とリンゴの生ジュースを飲んで休んだ後、北陸新幹線「つるぎ」で15分弱で新高岡駅へ。空いていると思い、自由席へ。ツアー客もいる。最近はツアーでも自由席を使うのかと感心していたら、指定席を取っているけれど、自由席のほうが空いているのでこちらを使いますと説明していた。なるほど。

11時発の加越能バス「世界遺産バス」に乗車。途中、様々な解説がテープで流れる。山々の車窓も美しい。が、うつらうつらと。1時間ほどで五箇山の相倉口に到着。駐車場を突っ切って、森林浴気分の遊歩道を10分弱歩くと、相倉合掌造り集落に到着。緩やかな段々畑状の田んぼと、合掌造りの民家が並ぶ。電話してタクシーを予約した後、集落内をぶらつく。「勇介」という合掌造りの家(民宿も兼ねる)が内部を公開しているので入る。2階、3階では蚕を栽培していたとのことで、そうした展示を見学。昔の写真も多数展示。このあたりは信仰厚い地域だったとのことで、1階には立派な仏壇と神棚が並ぶ。日本的。

タクシーで7分ほどで上梨地区へ。ここでは国指定重要文化財となっている村上家を見学。入ると囲炉裏の前で中世風の衣装をまとった男性が、こきりこ(竹の棒2本)を打ち鳴らしながら、歌っている。こきりこ節のようだ。内部はやはり養蚕関連の展示。囲炉裏の煙で壁や柱がいい感じに黒く染まっている。

さらにタクシーで10分ほどで菅沼地区へ。タクシー運転手によると五箇山はいいところだが、オロロと呼ばれるアブの一種と、カメムシが多いのが難という。確かにカメムシは多い(深谷温泉にも多かったが)。壁や屋内のあらゆるところに止まっている。タクシーに降りるときに、車内にカメムシが入ってしまったらしく、運転手は慌てて追い払っていた。
Suganuma_in_gokayama
よく晴れた【菅沼合掌造り集落(五箇山)】

さてまず昼食。イワナの塩焼きを頼んだら焼くのに20分かかると言われ、だったらということで、イワナの刺身御膳を。こちらも美味。食後、菅沼合掌造り集落内を歩く。土地が狭いために住居と農地が分かれているということで、合掌造りの家々が密集して建っている。その半数近くは土産屋になっている感じか。塩硝の館、五箇山民族館と入る。火薬の原料である「塩硝」づくりや、山村の生活についての展示。カメムシも多く、「カメムシ以外も見なさい」と子供が親に叱られている。

集落を巡った後、エレベーターで上を走る道路沿いの駐車場へ。少し歩くと菅沼の集落を一望できる。そしてさらに歩いて、わかりにくいところにあるバス停から北陸鉄道の高速バスで50分強で金沢駅へ。駅ビル内の喫茶店で買った水出しコーヒーを手に北陸新幹線「かがやき」で、一路東京へ。奮発してグランクラスに乗車。足が延ばせて快適。車内のコーヒー(トアルコトラジャとの解説付き)も美味。

|

« 金沢・五箇山旅行(1)金沢 | トップページ | 猫だらけ(13)ウユニ塩湖近隣の村 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金沢・五箇山旅行(1)金沢 | トップページ | 猫だらけ(13)ウユニ塩湖近隣の村 »