« セネガル旅行(6)ダカール、ゴレ島 | トップページ | セネガル旅行(8)実用情報 »

2017年6月 1日 (木)

セネガル旅行(7)フォンテーヌブロー

5月8日
またも深夜食。機内のテーブルがどこかで何かが外れているのか、傾いたままでまっすぐにならない。片手で押さえながらとにかく早く片付けようと必死に食べる。何かの罰ゲームのようだ。エールフランスはシャンパンが出るぐらいしかメリットがないと思い、頼んでみたが、液体は邪魔なだけだった。そして着陸直前にはよく冷えたクロワッサンが。

5時間のフライトで6時40分頃、パリ・シャルルドゴール空港に着陸。トランジット時間に余裕がないのに30分ぐらい遅れている。前回よりは入国審査の行列などは短く、1時間ほどでパリ市内に向かうRERの駅に到着。券売機はまたも紙幣が使えない。前回はそれでひどい目にあったが、今日は大丈夫、ちゃんと硬貨を用意してきた。

硬貨を入れる。が、途中で迷っているうちに初期画面に戻ってしまった。やり直すが、再び迷う。そして入れた硬貨の金額がどこにも表示されない。これではいくら入れたかわからないではないか。困っていると、再び初期画面に。そして入れた硬貨は戻ってこないことに気づく。嫌な予感がする文字が光っているのに気づく。初期画面を英語にすると、小さなコインのイラストにNoみたいな表示が。硬貨は使えないらしい。でも投入はできるらしい。でも戻らないらしい。これは詐欺である。あるいは横領か窃盗か。4ユーロほど騙し取られた。そしてさらに券売機の画面がフリーズ。金を奪い取った後は、だんまりを決め込むとは、最新のAIでもまねできない技。

ともかく時間に余裕がないのでさっさと切符を買って列車に乗って移動したい。券売機を告発するのは諦め(こうしてSNCFは外国人旅行者から金を巻き上げているのだ)、有人カウンターへ走る。意外に空いていた。そして、フォンテーヌブローと告げると18.5ユーロ、往復と言い足すと36ユーロちょっと、しかしだったら「PARIS VISITE」という1日券のほうが24.5ユーロと安いと教えられる。ということでそれを購入。初めからこうすればよかった。

7時45分発のRER B線に乗車。各駅に停車。40分ほどでシャトレ・レアル駅に到着。乗り換えようと駅構内を歩いていたら切符を見せろと言われる。腹立ちついでに乗り換える路線のホームを聞いたら、元のホームの反対の番線だった。そしてRER A線に乗って、リヨン駅へ。今日は迷わないぞと思い、構内のディスプレーを見ると、フォンテーヌブローに行く列車は事前に調べた「R線」(近郊列車の線名のよう)ではないらしい。ともかく書いてあるホームへ。客車の列車であった。長距離用なのだろうか。旅情があってよい。

駅構内でパンとカフェオレ(薄い)を買い込んで列車へ。ダイヤより10分ほど遅れ9時40分頃にフォンテーヌブロー・アヴォン駅に到着。駅前に1番バスが止まっているので乗車。前面に「CHÂTEAU」と表示していた気がして安心して乗っていたが、宮殿につく雰囲気もないし、乗客は地元客ばかりになってきた。不安になって運転士に聞くとフランス語で何かがなられる。「パス」と聞こえた気がする。もう通り過ぎたのだろうか。結局、ここで降りろと言われた住宅街で降り、乗客の老爺が指し示す方向に5分ほど歩くと宮殿が見えてきた。正面には有名な馬蹄型の階段が。

こうして10時過ぎにようやくフォンテーヌブロー宮殿に入場。時間がないので「ナポレオン1世博物館」の部分は通り過ぎて、教皇のアパルトマンとグラン・アパルトマンという部分だけ見学。ここは16世紀にフランソワ1世により建築された宮殿で、その後、ナポレオン3世にいたるまで、歴代の王が暮らしたところ。フランソワ1世の回廊、舞踏会の広間は豪華だが、床や壁、天井に木が使われ、落ち着いた豪華さ。さらに皇后の寝室、玉座の間、会議の間など、次から次へと豪奢な部屋が続く。この辺りは調度品も派手派手しく、だんだん辟易としてくる。最後は三位一体の礼拝堂。木をデコレーションして大理石や金属のようにみせているようで面白い。
Gallery_of_francis_i_in_palace_of_f
フランソワ1世の回廊【フォンテーヌブロー宮殿】

建物を出て、広い庭園の一部も見学。残念ながら雨。大花壇には花が一つもない。11時15分頃、外へ。タクシーが停まっていないかと淡く期待したが、当てが外れる。バス停があるが、次のバスは12時。歩くしかない。40分ぐらい歩けば駅のようだ。しかし5分程歩き、クラシカルなメリーゴーランドなどがあるまちの中心部のあたりで、タクシー発見。助かった。

7分ほどで駅へ。ちょうど列車が入ってくる。走ってホームへ。しかし、これはパリから来た列車。と、反対側ホームにも列車が。走る。そして、11時半過ぎの列車に飛び乗る。フォンテーヌブローの街は白人だらけだったが、車内はむしろ黒人のほうが多い。これもフランス。そして40分ほどでパリ・リヨン駅へ。そしてRERのA線、B線と乗り継いで、40分弱でシャルルドゴール空港へ。

制限エリア内で昼食をと思ったが、ろくな店がない。ブランドショップに場所を割きすぎである。乗客の利便性よりも高額な買い物をさせて金を落とさせることしか考えていない。カフェらしきものもあるが行列。列が短い小さな店は、これだけ空腹なのに食欲が全くわかないサンドイッチ(しかも不要にでかい)ぐらいしか置いていない。困ったが結局、チョコケーキみたいな代物を買って食べる。

ダカールでは次の上海までしか発券できなかったので、上海・成田間のチケットはどうなるのかカウンターで聞いたら、上海についたらトランスファー・カウンターに聞けとのこと。なんとなく問題先送りな感じもしたがやむを得ない。そして15時頃離陸のエール・フランスで上海へ。

5月9日
9時間半のフライトで上海・浦東国際空港に到着。トランスファー・カウンターなどなく、まず入国審査。そう、たとえトランジットだけでも入国しないといけないのだ。こんな無駄で馬鹿々々しいことを強制するのは米国と中国ぐらいなものだ。入国後、預けた荷物を引き取る。その先に、トランスファー・カウンターの矢印が。そして順番が来て、eチケットを見せると――外へ出てデルタ航空のカウンターに行けと。ここは中国東方航空のカウンターなので、と。そして、「急いで」、と。トランスファー・カウンターに行けと言ったではないか。デルタもエールフランスもこっちだと複数の看板に書いてあったではないか。Skyteamとして提携しているのではないのか。空港は虚偽表示と嘘つきだらけだ。

ともかく、急いで出口へ。しかし出口の荷物検査で行列。やっと出て、デルタ航空のチェックイン・カウンターへ。自動チェックイン機があるので自分で操作しようとしたら、職員が代わりにやってくれるという。そして、パスポートの読み取りに失敗し、ほかの職員が応援に呼ばれ、画面上にクレジットカードをスワイプしろと表示されたのでカードを出したら、なぜか止められ、eチケットの番号を入力すると言われ、しかしそれも失敗し――結局、有人カウンターに行けと言われる。そして有人カウンターに行ったら、やはりクレジットカードを出せと言われる。が、出したら、見ただけで返された。突っ込みどころが多すぎる。さらに荷物を預けると、荷物検査に回される。カメラのバッテリーは手荷物に入れろと言われる。

そして出国検査の行列、手荷物検査の行列を経てようやく中へ。軽く小籠包でも、と思っていたがそんな余裕なし。沖止めなので、バスに乗り込んだら、スマホのデルタ航空のアプリに「出発時刻が変更された」との表示が。しかも予定より15分早まると。もっと早く知らせてくれなければ何の意味もない。

そして10時40分頃離陸のデルタ航空で2時間10分ほどで成田へ。

|

« セネガル旅行(6)ダカール、ゴレ島 | トップページ | セネガル旅行(8)実用情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セネガル旅行(6)ダカール、ゴレ島 | トップページ | セネガル旅行(8)実用情報 »