« マーケット・ウォッチ(32)ジャカルタのパサール・サンタ | トップページ | 上から目線(21)エル・カスティージョ(チチェン・イッツァ) »

2017年7月13日 (木)

マーケット・ウォッチ(33)プエブラのエル・パリアン市場

メキシコのプエブラは世界遺産にも登録されている、植民地時代の街並みが残るまち。その歴史地区内には、観光客御用達の市場、「エル・パリアン市場」がある。
Mercado_el_parian_in_puebla
エル・パリアン市場【プエブラ】

特に目を引いたのは、スペインのからこの地に伝わった焼き物「タラベラ焼き」である。もともと、プエブラはスペイン占領前のアステカ文明の時代から焼き物の産地だったそうで、双方の技術や文化が融合したものと言えそうだ。
Talavera_pottery_at_mercado_el_pari
タラベラ焼きの土産物が並ぶ【エル・パリアン市場(プエブラ)】

もっとも、タラベラ焼きは組合認定の正規なものと、そうではないタラベラ焼き「風」なものとが混在しているらしい。上記写真も正規のタラベラ焼きなのかどうかは不明。

|

« マーケット・ウォッチ(32)ジャカルタのパサール・サンタ | トップページ | 上から目線(21)エル・カスティージョ(チチェン・イッツァ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マーケット・ウォッチ(32)ジャカルタのパサール・サンタ | トップページ | 上から目線(21)エル・カスティージョ(チチェン・イッツァ) »