« タワー大全(32)チェスケー・ブディヨヴィツェの黒塔 | トップページ | 重要伝統的建造物群保存地区(2)川越市川越 »

2017年8月 6日 (日)

重要伝統的建造物群保存地区(1)桐生市桐生新町

群馬県桐生市は絹織物で栄えた街。そんな「製織町」としての街並みが残るとして、街のメインストリートである本町通りの周囲(の一部)が重要伝統的建造物群保存地区、略して伝建地区に選定されている。

といっても、地区内には新しい建物も多く、また古い建物も江戸後期の神社の社殿から明治時代の蔵、大正時代のレンガ造りの工場と、時代も用途も様式もバラバラ。もっとも有名な「有鄰館」と「矢野本店」は酒、味噌、醤油などの醸造蔵と店舗で絹織物と直接関係ない。決して「タイムスリップしたかのような」気分を味わえる類の場所ではないし、街並みと歴史との関連もわかりにくい。

短冊状の敷地割であるとか、通りに対して建物の敷地が斜めに傾いているとか、よくよく見れば気づく、というかよくよく見てもよくわからない特徴が解説されている。言われてみれば、の面白さはある。
Kiryu
有鄰館と矢野本店【桐生新町】

|

« タワー大全(32)チェスケー・ブディヨヴィツェの黒塔 | トップページ | 重要伝統的建造物群保存地区(2)川越市川越 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タワー大全(32)チェスケー・ブディヨヴィツェの黒塔 | トップページ | 重要伝統的建造物群保存地区(2)川越市川越 »