« オーストリア旅行(5)ブラチスラバ、ブダペスト | トップページ | オーストリア旅行(7)ウィーン »

2018年5月25日 (金)

オーストリア旅行(6)ブダペスト、ウィーン

5月4日
6時45分頃、ホテル併設の温泉スパへ。入口の部分はアールヌーボー様式の豪勢なつくり。仕組みがわからず右往左往し、着替え用のキャビン(個室)が見つからずうろうろしていたら、階段の踊り場にあるおまけみたいなロッカーに案内される。まあよい。まずはスイミングプール。冷たい。隣にある小さなプールへ。こちらは暖かい。屋外にもスイミングプールがあるが、もっと冷たそうなのでスルー。まともな温泉がないのかとうろうろしてようやく見つけて入る。普通に温泉。サウナにも少し入る。一応1時間ほど滞在したが、ロッカーや風呂を探して歩き回っていた時間が大半だった気がする。しかもタイルが美しいという元・男湯(現在は混浴)は見つからずじまい。

朝食はホテルで。席が空いていないので、橋を望む(河は見えない)オープンテラスで。コーヒーは機械式。「エスプレッソ」にしたが、インスタントのような舌ざわり。そしてホテルをチェックアウト。スパ代は宿泊費に含まれているのかと思ったら、「割引」という扱いであった。そう考えるとやはり高い。もういろいろ残念。

8時25分頃にホテルを出る。早速19番トラムを目の前で逃す。しかも次は7分後との表示。6時に温泉に入る勢いの予定を立てていたので(無謀であった)、この時点でかなり遅れており、そんなに待っていられない。予定を変更し、逆方向に行く47番トラムに乗って橋を渡りペスト側に行き、地下鉄2号線で再び河を渡ってブタ側へ。セール・カールマーン広場駅で下車。地上へ出ると一大ターミナルになっていて、乗り場がわかりにくい。何とか16番バスの乗り場を見つける。激混み。

10時5分にマーチャーシュ教会前に到着。近所の高校か大学の卒業式のようで、そろいのポーチを持った若者が花や風船を持っている。地下鉄の駅でもセーラー服女子を見かけ、何かのコスプレかと思ったが、本当の制服だったらしい。そしてその影響で教会の入場は12時から。さらに教会の塔に上がるツアーは1時間に1回のようで、次は11時とのこと。近くの漁夫の砦は昨日、入ってしまった。いろいろうまくいかない。こんなことになるなら、先にペスト側から行けばよかったと思うが後の祭り。

とりあえず卒業式で盛り上がる人達や行進などを見学して時間をつぶし、11時発の塔ツアーへ。ツアーといっても最初に少し説明を聞いた後は勝手に塔に上るだけ。高さ46.7mのテラスからは、遮るもののない眺め。ブタ側にある国立公文書館の屋根のタイルが美しい。
Budapest
マーチャーシュ教会の塔の上から。左奥に国会議事堂、右奥にくさり橋が見える。【ブダペスト】

その後、近くのレストランで昼食。まずはトカイ・ワインの「ドライ」。まったく甘くない。そして本日の定食「グヤーシュ・スープとパプリカ・チキン」。ともにハンガリー料理の定番。毎日これなのではないか。グヤーシュは辛いが、ずっと食べていると味わい深く感じるようになる。そして汗が吹き出し鼻水が出る。チキンの方は柔らかく煮込んであり、甘め。味は単調。

12時半にマーチャーシュ教会の本堂内へ。19世紀末に改築された内部は、茶色っぽい彩色で独特の模様が一面に描かれている。入った時は少女の聖歌隊が祭壇前で歌っていたが、それが終わると、今度は大人たちのコーラスが後ろの方で始まる。少女たちはそろいのガウンのようなものを羽織っていたが歌はあまりうまくなかった。それに対し、大人たちはラフな私服だが、安定した唄いぶりで、ハーモニーも強弱も自在で、聴かせる。

16A番バス、地下鉄2号線を乗り継いで、ベスト側のデアーク・フェレンツ広場駅へ。ここから地下鉄1号線に乗り換え。ロンドンに次いで世界で二番目に古い地下鉄(イスタンブールの地下ケーブルカーを除けば)で、世界遺産にも登録されている。駅や車両も当時の雰囲気で復元されているようで、車両はとても短い。

一駅だけ乗ってバイチ・ジリンスキ通り駅で下車。聖イシュトヴァーン大聖堂へ。1905年完成。まず階段とエレベーターでドームの上へ。次いで教会内へ。ドームは高さ96mでとにかくでかい。かつ金ぴかで大理石だらけで、威信を示すという目的しか感じない。帝国主義様式とでも呼びたくなる。クーポラと太い柱でつくられる空間は、イスタンブールのアヤ・ソフィアバチカンのサン・ピエトロ大聖堂と共通する。

上から見て気になった大聖堂からドナウ河へとまっすぐ伸びる小路を歩いた後、2番、3番トラムを乗り継いでホテルへ。そして地下鉄4号線でブダペスト東駅へ。次のウィーン駅まで時間がない。猛ダッシュでインフォメーション&チケット売り場へ。が、ここでは国際線は買えないと。再ダッシュ。国内線の切符売り場しか見つからない。右往左往していると上のフロアだと合図してくれる人が。駆け上がる。見つからない。とりあえずインフォメーションへ。売り場は反対側にあると。そこへ駆け込むと、入り口は裏側との表示。裏側に走り回りこみ、何とかチケットを購入。間に合った。

そして15時40分発のミュンヘン行のレイルジェットに乗り込む。空いた席に座っていると、次の駅でここは私の指定席だと別の客に言われてしまう。急いでいたので座席指定までしていない。他の席を見ると、どれも「○○~○○」と駅名が書いてある。おそらく指定されているという意味。表示がない席を探して編成の一番後ろから一番前まで歩く。一番前の車両の一番前の席だけ空いていた。助かった。

列車は緑の中を走ってゆく。ハンガリー最後の駅でオーストリアの警官が乗り込んできて、オーストリア領に入ったところでIDカード(パスポート等)のチェック。シェンゲン協定内の移動で、こんなことが行われるとは。難民騒動の影響か。食堂車に移動し、サンドイッチ、クロワッサン、コーヒーの夕食。割とうまい。

18時25分ごろ、ウィーン中央駅に到着。地下鉄とトラムを乗り継いでホテルへ。そしてトラムを乗り継いで楽友協会へ。20時15分開始のウィーン・モーツァルト・オーケストラの演奏会。モーツァルトの時代のコスチュームで演奏とのこと。会場はニューイヤーコンサートが開かれる黄金のホール。豪華な内装。観光客向けのコンサートで、ステージ上にも椅子が置かれ、観客が陣取る。ちょうどステージの真上の席だったので、立ち上がらないと全部見えないが、立ったり座ったりしても問題ない、気軽な雰囲気。

曲はひたすらモーツァルト。短い曲ばかりなうえ、時々テノールやソプラノが入ったりして、観光客を飽きさせない。こんなに疲れているのにまるで眠くならない。前半最後のトルコ行進曲では観客に拍手を求め、時々フェイントをかけたりして場を盛り上げる。そして、最後は美しき青きドナウ、さらにラデツキー行進曲。モーツァルトのショーのはずだが、アンコールは何でもありということか。

|

« オーストリア旅行(5)ブラチスラバ、ブダペスト | トップページ | オーストリア旅行(7)ウィーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーストリア旅行(5)ブラチスラバ、ブダペスト | トップページ | オーストリア旅行(7)ウィーン »