« オーストリア旅行(10)実用情報 | トップページ | 空港連絡鉄道(35)ウィーン空港駅 »

2018年6月 9日 (土)

空港連絡鉄道(34)ミュンヘン空港ターミナル駅

ドイツ第二の空の玄関口、ミュンヘン空港には近郊鉄道であるSバーンが乗り入れる。空港ターミナル駅からミュンヘン中央駅までは11.6ユーロ。中央駅に向かうのは1番のSバーンと8番のSバーンで、それぞれ20分おきに運行。ややこしいことに両者の経路は異なるが、ともに中央駅にたどり着く。今回の旅行では8番のSバーンを利用したが、こちらは中央駅まで40分強。1番だと45分ほどのはず。中央駅以外にも市内の駅に停まっていくので、駅によっては1番の方が早い。
Munich_airport_terminal_station
8番Sバーン【ミュンヘン空港ターミナル駅】
空港アクセス用の特別な列車ではなく、普通の列車なので、車内もいたって普通。
Inside_of_sbahn_of_munich
8番Sバーン車内【ミュンヘン】
中央駅まで40分以上かかるというのは、ヨーロッパの空港としては遠い方だろう。かつては上海浦東空港と同じタイプのリニアモーターカー「トランスラピッド」(もともとはドイツの技術)を走らせ、10分で結ぶ計画があったようだが、高コスト故にとん挫したらしい。残念。

|

« オーストリア旅行(10)実用情報 | トップページ | 空港連絡鉄道(35)ウィーン空港駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーストリア旅行(10)実用情報 | トップページ | 空港連絡鉄道(35)ウィーン空港駅 »