« ナショナル・ミュージアム(32)美術史博物館(ウィーン) | トップページ | 欧州の世界遺産(20)ゼメリング鉄道 »

2018年8月 2日 (木)

通りすがりの祭り(13)Wings for Life World Run(ウィーン)

昼食を終えて、外に出ると、ウィーンの中心部、リンク通りを走る大量の人の群れ。普段は多くの自動車や路面電車が走るこの道も、この日ばかりはランナーたちのための空間に。
Wings_for_life_world_run_in_wienna
オペラ座を走る人々【ウィーン】
 
これはWings for Life World Runというランニングイベント。走る距離が決まっているのではなく、キャッチャーカーという車が選手の後ろから追いかけてきて、追いつかれたら終わり、最後まで走っていた選手が優勝というもの。しかも、これを世界各地で同時に開催する。その一つがウィーンで開催されていたのである。

純粋なスポーツイベントであれば、世界各地で開催して競うとなると、公平性の観点から問題になるだろう。しかしこれは、脊髄損傷治療研究を目的とする財団によるチャリティ・イベント。そうなれば、公平性にそこまでこだわることもない。

そしてこのイベントを支援しているのが、世界でもっとも有名なオーストリア企業といっても過言ではないレッドブルである。なので給水ポイントで配られる紙コップはレッドブル柄。しかし、給水ポイントの後は(当然のことながら)ゴミと化した紙コップが大量に道路上に。企業イメージにかえってマイナスになるのではないかと心配になる。なお、配られていたのはさすがにレッドブルではなかったようで、後で写真を見るとスポーツ・ドリンクのようなものが写っていた。

|

« ナショナル・ミュージアム(32)美術史博物館(ウィーン) | トップページ | 欧州の世界遺産(20)ゼメリング鉄道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナショナル・ミュージアム(32)美術史博物館(ウィーン) | トップページ | 欧州の世界遺産(20)ゼメリング鉄道 »