« 美食紀行(2)ブリュッセルのムール貝 | トップページ | 美食紀行(4)ムカッラのホブズ »

2018年8月29日 (水)

美食紀行(3)イースター島のセビーチェ

ペルーなど中南米で食べられるセビーチェは、主に生の魚をレモンやライムの果汁、それに塩や香辛料や各種野菜などと和えたり軽く漬けたりしたもの。
チリのイースター島の海沿いの食堂で食べたセビーチェは、さすが絶海の孤島だけあって、新鮮な魚を使っているのだろう、脂ののった刺身を醤油ではなくレモン汁で食べているような感じで、大変に美味であった。
Ceviche_in_easter_island_1
セビーチェ他【イースター島】
 
Ceviche_in_easter_island_2
手前の道路のさらに手前側が海【イースター島】

|

« 美食紀行(2)ブリュッセルのムール貝 | トップページ | 美食紀行(4)ムカッラのホブズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美食紀行(2)ブリュッセルのムール貝 | トップページ | 美食紀行(4)ムカッラのホブズ »