« 美食紀行(4)ムカッラのホブズ | トップページ | 美食紀行(6)グアテマラ・シティのステーキ »

2018年9月 4日 (火)

美食紀行(5)太原の包子

平遥から大同への移動の途中、バスの乗り換えのために立ち寄った、山西省の省都、太原。その建南バスターミナル前で、賑わっている食堂があるので入る。天津包子の店とのこと。包子とは、ようは中華まん。
Restaurant_of_tianjin_baozi_in_taiy
あまり賑わっているようには見えない写真だが、記憶では賑わっていた【太原】
 
先客が食べているものを指さして注文して出てきたのは、鶏肉と卵のスープに、中華まんが10個。実にシンプルだが、うまい。同じ味10個を、あっという間に平らげた。賑わっているのも納得。
Tianjin_baozi_in_taiyuan
スープに包子【太原】

|

« 美食紀行(4)ムカッラのホブズ | トップページ | 美食紀行(6)グアテマラ・シティのステーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美食紀行(4)ムカッラのホブズ | トップページ | 美食紀行(6)グアテマラ・シティのステーキ »