« 美食紀行(5)太原の包子 | トップページ | 美食紀行(7)十和田湖のヒメマス »

2018年9月 7日 (金)

美食紀行(6)グアテマラ・シティのステーキ

たいていは短期間の旅行なので、食事の機会もそれほど多くはない。そのため、旅先ではなるべくその土地らしいものを食べようと心がけている。しかし、そうではないものを食べて、それが大変美味なるものであるときが、稀にある。
 
ソロラからの帰り道、バスを途中下車して入ったグアテマラ・シティの大規模ショッピング・センター「ミラ・フローレス」。都心は治安が悪いので、とりあえず降りたこのSCは、安全・安心で、富裕層ないし中間層が集まる場所のようで、周囲とは別世界の豪華仕様。そんなグアテマラらしさゼロの場所で、なんとなく入ったステーキ屋。
Steak_house_in_guatemala_city
グアテマラらしさゼロのステーキ・ハウス【グアテマラ・シティ】
 
ここのステーキが素晴らしくうまかった。肉はもちろん、付け合わせの豆のペースト「フリオーレス・ヴォルテアドス」、そしてビールまでもが。値段はしめて230ケツァール(約2,200円)。激しい経済格差があるこの国の、一端を感じながらの美味なる夕食であった。
Steak_in_guatemala_city
相変わらず美味さが伝わらない写真で失礼【グアテマラ・シティ】

|

« 美食紀行(5)太原の包子 | トップページ | 美食紀行(7)十和田湖のヒメマス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美食紀行(5)太原の包子 | トップページ | 美食紀行(7)十和田湖のヒメマス »