« 美食紀行(9)トルクメニスタンのメロンとスイカ | トップページ | 再訪の地(2)ローマ »

2018年11月 9日 (金)

再訪の地(1)イスタンブール

最初にイスタンブールを訪れたとき、もっとも印象に残ったのは通称ブルー・モスク、スルタンアフメット・ジャーミィであった。短い滞在期間に2度訪れたほど、イスラム建築の美に圧倒された。
しかし、再訪の際は、ほかのイスラム建築をいろいろ見た後だったこともあってか、それほど強い感銘を受けなかった。むしろ、その隣にあるアヤ・ソフィアに圧倒された。前も訪れていたはずで、しかも2度目は内部に足場が組まれていたにもかかわらず。自分の感想なんて当てにならないものだ。
Sultanahmet_camil_in_istanbul_in_fe
1997年2月。雪舞うブルーモスク。【イスタンブール】

Sultanahmet_camil_in_istanbul_in_se
2015年9月。花咲くブルーモスク。【イスタンブール】

|

« 美食紀行(9)トルクメニスタンのメロンとスイカ | トップページ | 再訪の地(2)ローマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美食紀行(9)トルクメニスタンのメロンとスイカ | トップページ | 再訪の地(2)ローマ »