2014年3月 7日 (金)

国境を越えろ(8)エーレスンド海峡(デンマーク、スウェーデン)

デンマークの首都コペンハーゲンは、エーレスンド海峡を挟んで、スウェーデンの都市マルメと向かい合う。マルメのあるスコーネ地方は、17世紀までデンマーク領だったところ。さらに海峡を越える橋とトンネルによる「エーレスンド・リンク」により、2000年から地続きとなったことで、交流がさらに活発となり、現在では日常的に人々が国境を越えて行き来する地域となっている。他の欧州諸国と同様、シェンゲン協定に加盟する両国の国境には、出入国審査もない。

エーレスンド・リンクには自動車道と鉄道が敷設されている。マルメ側から橋を渡り、トンネルをくぐるとコペンハーゲンのカストラップ空港を経て、コペンハーゲン市街へと至る。同空港はコペンハーゲン市内からのアクセスに優れる空港だが、マルメ中央駅からも鉄道でわずか20分。マルメにも空港はあるが、日本への直行便のあるコペンハーゲン空港の方が断然、便利。
Malmo
マルメの夜

Train_in_skane
コペンハーゲンからやってきたデンマーク国鉄の車両がスウェーデン国内に直通【クリシャンスタード中央駅】

国境を跨るこの地域は、バイオ・テクノロジー関係の企業や研究機関が集積する地域、「メディコン・バレー」としても知られる。たまたま今は国境線がひかれているけれど、そんなことはお構いなしに、人々も企業も行き来する。それもまた、国境の現実の一つ。

| | コメント (0)

2013年7月 2日 (火)

欧州の世界遺産(3)クロンボー城

コペンハーゲンから電車で北へ45分ほど行った、ヘルシンゲルというまちは、対岸のスウェーデン側向かうフェリーが出る海辺の街。クロンボー城は、このまちの海峡を見下ろす突端に建つ。
Kronborg_castle
クロンボー城

この城はシェイクスピアのハムレットの舞台とされていることで有名。

訪れた際は、閉館時間を過ぎており、有料エリアには入れず。残念。

| | コメント (0)

2011年10月28日 (金)

タワー大全(7)コペンハーゲンのラウンド・タワー

1642年に完成したコペンハーゲンのラウンド・タワーは、天文台、図書館、教会を兼ねた複合施設だったらしい。名前の通り円柱状の形態で、内部の螺旋階段を上がっていく。
Round_tower_in_copenhagen
コペンハーゲンのラウンド・タワー

しかし、展望台の高さは34.8m。取り立てて高いわけではない。コペンハーゲンの街並みも上から見たところでどうということはない。ここに行ったときのことで覚えているのは、所用が済んで開放的な気分だったことのみ。
View_from_round_tower_in_copenhagen
ラウンド・タワー展望台より【コペンハーゲン】

| | コメント (0)

2009年2月26日 (木)

空港連絡鉄道(5)カストラップ空港駅(コペンハーゲン)

コペンハーゲンのカストラップ空港駅は、スキポール空港と並ぶ利便性の高い空港駅。ターミナルの下に駅がありすぐに乗り換えられること(空港の地図を見るとターミナル2・ターミナル3の近くで、ターミナル1とは離れているようだが)、幹線の途中駅に空港駅があって、特別な空港行きの列車があるわけではない、というのはスキポールと同じ。しかもホームがたくさんあってどこから乗ればいいのか悩んでしまうスキポールと違い、ここは向かい合わせにホームが一つずつあるだけとシンプル。

ここからはコペンハーゲン中央駅まで15分ほど。そしてコペンハーゲンと海峡を挟んで向かい合うスウェーデンのマルメにも、海峡にかかる橋を渡って20分強で着いてしまう。コペンハーゲン行きは10分毎、マルメ行きは20分毎と頻発しているのも便利。
Copenhagen_kastrup_airport_station
カストラップ空港駅

最近はコペンハーゲンまで行く地下鉄も別途できたらしい。これ以上便利にしてどうするとも思うが、地元の人にはその方が便利なのかも。

| | コメント (0)

2008年10月16日 (木)

世界三大がっかり(1)コペンハーゲンの人魚姫

諸説ふんぷんある「世界三大がっかり」。その中でもっとも一般的と思われる三つをご紹介。

一つ目は所要で往訪したデンマークの首都・コペンハーゲンにある、人魚姫の像。ここは有名な観光スポットでありながら、なかなかたどり着けなかった。公園の中を延々と歩かされた気がする。しかもなぜか公園内の噴水は水が止まり、池から水も抜かれていて、美しい像で彩られているはずの噴水が汚らしい姿をさらけ出していた。人魚にたどり着く前からがっかりだった。

だから、さあがっかりするぞと期待した割には、それほどがっかり感を満喫できなかった。がっかりしたくてがっかりできない、と言う意味で期待はずれ感を味合わせてくれる-それもまた、「三大がっかり」の威光か。

Copenhagen_the_little_mermaid
背景にある工場地帯(造船所?)もがっかり感を増幅させると名高い。

| | コメント (0)