2017年7月25日 (火)

上から目線(24)コスタネラ・センターのグラントーレ・サンティアゴ

南米で最も高い建築物は、ブラジルでもアルゼンチンでもなく、チリの首都、サンティアゴにある。コスタネラ・センターというオフィスビルやショッピングセンターの複合施設のグラントーレ・サンティアゴという超高層ビルである。高さ300m。日本最高のあべのハルカスと同じ。ちなみに両方ともアルゼンチン出身の建築家、シーザー・ぺりがかかわっている。
Costanera_center_in_santiago
グラントーレ・サンティアゴ

ビルの上層部には展望台「スカイ・コスタネラ」が。サンティアゴは周りを高い山に囲まれているが、このビルは市街地と周囲の山間部の際のようなところに建っていて、その様子がよくわかる。
View_from_sky_costanera_in_santiago
左はもう山【スカイ・コスタネラより(サンティアゴ)】

| | コメント (0)

2017年7月22日 (土)

上から目線(23)サン・ミゲル島の展望台(チチカカ湖)

ペルーとボリビアにまたがるチチカカ湖には、トトラというイグサのような植物で作られた島が多数浮かぶ。そんな島の一つ、サン・ミゲル島は、要は観光客目当ての島で、土産屋もあれば、トトラ製の小舟体験などもできる。そんなアトラクションの一つが、手作り感あふれる展望台。
San_miguel_island_in_lake_titicaca
サン・ミゲル島の展望台【チチカカ湖】

少し高くなるからと言って、見える景色はそうそう変わらないはずなのだが、そして湖面と空が青いだけなのだが、それはまさに絶景であった。
Lake_titicaca
トトラの小舟が浮かぶチチカカ湖【サン・ミゲル島より】

| | コメント (0)

2017年7月19日 (水)

上から目線(22)月のピラミッド(ティオティワカン)

メキシコ・シティにほど近いティオティワカン遺跡には大きなピラミッドが二つある。太陽のピラミッドと月のピラミッドである。
Pyramid_of_the_moon_at_teotihuacan
月のピラミッド【ティオティワカン遺跡】

両ピラミッドとも上ることができる。太陽のピラミッドから月のピラミッドを望んだ写真はこちらに載せた。一方で月のピラミッドから太陽のピラミッドを見たのが下の写真である。
View_from_the_pyramid_of_the_moon
月のピラミッドから望む太陽のピラミッド(左)と死者の道(中央)【ティオティワカン遺跡】

遺跡と、それを取り囲む山々の稜線が印象的であった。

| | コメント (0)

2017年7月16日 (日)

上から目線(21)エル・カスティージョ(チチェン・イッツァ)

マヤ文明の遺跡の代表格、メキシコのチチェン・イッツァ。広大な遺跡だが、そのシンボルは何といっても、大ピラミッド「エル・カスティージョ」、別名「ククルカンの神殿」。春分と秋分の日の日没時に、羽毛のある蛇の神である「ククルカン」が現れる(階段に蛇の胴体のような影が現れ、階段の一番下の蛇の頭の像と合わせて、巨大な蛇が現れたように見える)ので有名。
El_castillo_in_chichen_itza
エル・カスティージョ【チチェン・イッツァ】

写真で見てもわかるとおり、ここは階段を上ることができた。鬱蒼とした森の中に遺跡の建造物が広がっていた。
View_from_el_castillo_in_chichen_it
エル・カスティージョからみた戦士の神殿【チチェン・イッツァ】

| | コメント (0)

2017年6月16日 (金)

上から目線(20)アフリカ・ルネサンスの像の立つ丘(ダカール)

ダカールの観光地といえば海に浮かぶゴレ島と郊外のラック・ローズがメインであり、市街地にはめぼしい観光資源に欠ける。ダカール市内でどこを回ればよいか探していた中で出てきたのが、アフリカ・ルネサンスの像。北朝鮮の協力のもと、多額の費用をかけて作られたこともあって、たいていは賛否両論だがという前置きで紹介されている。
Le_monument_de_la_renaissance_afric
アフリカ・ルネサンスの像【ダカール】

さらに、像はともかくとして、像の建つ丘(標高約100mのよう)からの眺めが素晴らしいとの評価が多かった。その眺めがこちら。
From_bottom_of_le_monument_de_la_re
市街地、空港、そして海【ダカール】

市街地のど真ん中に空港があること、海が近いことはよくわかり、街を知るという意味では行く価値はあると思われる。眺めとしては特筆すべきものではなかったが。高さ52mの像自体は存在感があり、大きさは重要だと思わされた。地元の観光客もおおむね満足そうであった。中に入る人は少ないようだったが。

| | コメント (0)

2016年2月20日 (土)

上から目線(19)上海ワールドフィナンシャルセンター

上海の浦東地区には高層ビルやタワーが立ち並ぶ。せっかくだからどこかに上って眺めを楽しみたい。一番高い(632m)上海中心はまだオープンしていない。東方明珠電視塔の展望台は350m、ジンマオ・タワーの展望台は340m。せっかくなら高い方がいい。ということでビルの高さ492m、展望台474mの上海ワールドフィナンシャルセンター(上海環球金融中心)へ。Wikipediaによると世界で三番目に高い(人工の)展望台。入場料も180元(約3,300円)と高い。
Shanghai_world_financial_center
栓抜き状の穴の部分に展望台がある【上海ワールドフィナンシャルセンター】

入るとまず上海中心部の模型やビデオ映像を見せられる。その後、エレベーターでまず96階へ。さらにエスカレーターで97階へ。なんか小さな部屋で何やら展示の準備をしていてお呼びでない感じ。エレベーターでさらに上がって100階の展望台へ。このビルは上部に栓抜きのような台形の穴が開いていて、その穴の上の辺が 展望台になっているのだが、長方形の部屋の短辺部分は窓がなく、長辺部分の左右にしか窓がない、つまり眺めは二種類しかない。しかもスモッグに覆われた上海の空、眺めがいいとはお世辞にも言えない。隣のジンマオ・タワーを見下ろせるのが面白いぐらい。周囲に社会主義っぽいアパート群が並んでいるのは興味深かったが。
View_from_shanghai_world_financial_
ジンマオ・タワー他を見下ろす【上海ワールドフィナンシャルセンター展望台】

一部の床はガラスになっていて、真下が見えるようになっているのが売りになっている。が、真下には栓抜きの穴の下の辺が見えるだけなので、高くもないし面白くもない。だから斜め下を見下ろすよう推奨する案内表示がある。苦しい。アイデア倒れ。

結局10分だけいるだけで退散。高すぎた(入場料が)。

| | コメント (0)

2016年1月 2日 (土)

上から目線(18)あべのハルカス(大阪)

あべのハルカスは高さ300mと、いわゆる超高層ビルとしては日本一。その展望台(のなかの最上階)は高さ288m。
Abeno_harukas
まともな写真がなかった。こちらは近鉄電車から撮ったもの。【あべのハルカス】

展望台からは大阪市街を一望。
View_from_abeno_harukas
あべのハルカスより夜景。

| | コメント (0)

2015年12月30日 (水)

上から目線(17)マリーナ・ベイ・サンズ(シンガポール)

人気観光地として復活したシンガポール。そのきっかけは、おそらく大型カジノ、特に日本ではCMでも使われ、すっかり有名になったマリーナ・ベイ・サンズであろう。今やがっかり度がなくなったマーライオンとともに、シンガポールのランドマークとなった。
Marina_bay_sands
マリーナ・ベイ・サンズ【シンガポール】

有名な屋上のプールは宿泊客しか入れないが、プール以外の展望台には一般客も入れる。眼下にはマリーナ・ベイや金融街の超高層ビル群が広がり、港側を見るとたくさんの船が停泊している様も見える。ただ、シンガポールを代表する景色とはいいがたい。マーライオンは一応見えるがとても小さいし、なにより、(当たり前だが)この建物自体が見えないのだ。マーライオン側からこの三連ビルを見た方が、絵になる気がする。
Top_of_the_marina_bay_sands
マリーナ・ベイ・サンズ屋上【シンガポール】

| | コメント (0)

2015年12月27日 (日)

上から目線(16)スワンヤブナート寺院(カトマンズ)

カトマンズ郊外にあるスワンヤブナート寺院は小高い丘の頂上にある。参道入り口はなかなかに派手な仏像がお出迎え。この階段をひたすら登る。
Hill_of_swayambhunath_in_nepal
スワンヤブナート寺院の参道【カトマンズ】

そして仏塔の建つ頂上からは、カトマンズ盆地が一望。びっしりと建物が立ち並ぶ。地震はこの景色をどう変えたのだろうか。
View_from_swayambhunath_in_nepal
スワンヤブナート寺院からの眺め。2012年5月撮影。【カトマンズ】

| | コメント (0)

2015年12月24日 (木)

上から目線(15)ロサンゼルス市庁舎

ロサンゼルスの中心部は人通りも少なく歩いて楽しいところではなかったが、その中でひときわ高くそびえたつのが市庁舎。1928年完成の高さ138mのビル。
City_hall_of_los_angels
右のビルが市庁舎【ロサンゼルス】

展望台から見える景色はあまり面白いものではないが、遠くにハリウッド・サインが見える。ほかには高速道路を走り回る自動車が印象的だったぐらいか。
View_from_city_hall_of_los_angels_2
どこかの片田舎のような写真だが、これもロサンゼルス。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LRT・路面電車 | がっかり | アジア | アフリカ | アメリカ合衆国 | アラブ首長国連邦 | アルゼンチン | イエメン | イギリス | イスラエル | イタリア | イラン | インド | インドネシア | ウズベキスタン | エジプト | エチオピア | オセアニア | オランダ | オーストラリア | カナダ | カンボジア | ギリシャ | クロアチア | グアテマラ | シンガポール | ジンバブエ | スイス | スウェーデン | スペイン | スリランカ | スロベニア | スーダン | セネガル | タイ | タンザニア | チェコ | チリ | デンマーク | トルコ | ドイツ | ニセモノ | ニュージーランド | ネパール | ノルウェー | バヌアツ | バングラデシュ | パキスタン | パレスチナ | フィリピン | フィンランド | フランス | ブラジル | ブルガリア | ベトナム | ベネズエラ | ベルギー | ペルー | ホンジュラス | ボスニア・ヘルツェゴビナ | ボリビア | マリ | マルタ | マレーシア | ミャンマー | メキシコ | モロッコ | モンテネグロ | ヨルダン | ヨーロッパ | ラオス | ロシア | 上から | 世界遺産 | 中南米 | 中国 | 中東 | 主食 | 伝建地区 | 動物 | 北米 | 南アフリカ | 博物館・美術館 | 台湾 | 国境 | | 夕焼け | 夜明け | 夜景 | 夜行 | 実用情報 | 市場 | 挨拶等 | 旅行・地域 | 日本 | 楽器 | | | 空撮 | 空港連絡鉄道 | | 踊る | 道端の神々 | | 韓国 | 飲み物 | 香港 | 高速列車