2017年5月14日 (日)

セネガル旅行(1)上海

2017年5月2日(火)
中国東方航空で2時間40分ほどで上海・浦東国際空港へ。そしてリニアモータカーで龍陽路駅へ。最高時速は301km。先頭車両だったので運転席が見える。ただっぴろい空間の右側にちょこんと運転台があり、空いた左側には家庭用扇風機が。暑いのだろうか。冷房がないのだろうか。シュールな絵。

地下鉄2号線に乗り換え、20分強で南京西路駅へ。ここで地下鉄12号線に乗り換えようと案内表示に従って進んでいると、改札口に。切符を入れると(正確にはタッチしたらインサートしろと表示されたので、入れた)切符が出てこない。その先の駅まで買ったのになぜだ。地上に出ると20世紀初頭の建物と、それを模したと思しき新しい建物が並ぶ街並み。12号線の駅が見つからずにうろうろするが、結論としては2号線を出たすぐ近くに12号線の入口が。

12号線で一駅の陜西南路駅で下車。地上へ出ると目の前には国泰電影院という1932年建造の映画館。ここから淮海中路を歩く。この辺りはフランスの租界だったエリア。プラタナスの並木でトンネル状に覆われ、今は高級ショッピング街。歩いていて気持ちのいい通り。少し曲がると、並木は続くが道幅が狭まり、排ガスでのどが痛くなってくる。一方で電動スクーターが音もなく忍び走ってくるので油断できない。

駅から20分ほど歩いて上海孫中山故居記念館へ。孫文(孫中山)の功績をたたえる施設で、入るといきなり中華民国の青天白日旗が展示されていて面食らう。1階は孫文の政治的な役割、2階は彼とその妻・宋慶齢の(私的な)生涯をたどる展示。英語の解説では「国民党」をなぜか「Nationalist Party」といった表記ではなく「Kuo-min-tang 」と表記。30分ほど見学した後、隣の「上海孫中山故居」へ。靴にビニールをかぶせて中へ。孫文とその妻が暮らした家で、19世紀の金持ち暮らしといった風情。華美ではなく落ち着いた雰囲気ではあるが。
Sun_yatsens_former_residence_in_sha
上海孫中山故居

その後、20分ほど歩いて19世紀の「石庫門」様式の建物・街並みをリノベーションした「新天地」へ。単なるおしゃれなショッピング・モールに見えてしまい、面白みに欠ける。建物がまるで古びていないのが仇というか。さらに10分ほど歩く、ブランドショップの入る巨大ビルが立ち並ぶ。走る車は高級外車が多い印象。一方でMobikeなどの自転車シェア(スマホのアプリで予約できる貸し自転車のようなもの)と思しき自転車が多く走り回る。道路にも自転車レーンが整備されているよう。

黄陂南路駅から地下鉄1号線で一駅の人民広場駅へ。地上へ出て巨大な歩行者天国、「南京東路」を歩く。スマホで記念撮影する人が多い観光スポットで、ごみ一つ落ちていないきれいな路上が印象的。一方で日本語の客引きが多く、うざい。小籠包の店で一休み。肉汁をこぼさずに食べるのが難しい。さらに月餅を買って路上で食べる。

混雑する南京東路駅から地下鉄2号線で一駅、陸家嘴駅へ。高級ショッピングモールを通るが、入ってしまうと出口がわからなくなる。というか表示がない。一度入ったら逃がさないという魂胆か。何とか抜け出して、高さ632mと世界第二位の超高層ビル、「上海タワー」へ。展望台でチケットを買うが、180元(約2,900円)とお値段も世界屈指の高さ。以前の経験からどうせ昼間の景色はつまらないだろうと思い、夜景になるのを待とうと早めの夕食をとって時間つぶし。ビル地下のフードコートで、香港風?の店へ。フードコートっぽい味。

そして展望台へ。地下の入り口は閑散としていたが、エレベーター(世界最速らしい、おかげで何度も耳がおかしくなった)で上がると大賑わい。ビルの周囲をぐるっとまわれる構造で、以前訪れた栓抜きビルよりはるかに景色を見やすい。そしてだんだん、周りの超高層ビルや、対岸の外灘の建物群がライトアップを始めていき、夜景が派手になっていく。

30分ほど楽しんで地上へ。と思ったらエレベーターで行列。15分ほど待たされる。そして地下鉄2号線で南京東路駅に戻る。歩道から人があふれ、警官が車道に並んで交通整理をしているという賑わいぶりの道を15分ほど歩いて、川沿いの外灘遊歩道へ。ライトアップした外灘のクラシカルな建物と、対岸の浦東の超高層ビルの夜景を目当てにこちらも大賑わい。なかなか良かったのだが、次のフライトの時間が気になり、25分ほど行ったり来たりして退散。地下鉄2号線、リニアモーターカーと乗り継いで浦東国際空港へ。

| | コメント (0)

2017年4月 5日 (水)

奏でる人々(16)キャンディ(スリランカ)

スリランカの古都キャンディで鑑賞した「キャンディアン・ダンス・ショー」。主役はもちろん踊りだが、伴奏で音楽が鳴り続ける。そしてショーの出だしは音楽のみ。
Kandy
太鼓を中心に【キャンディ】

こんな横長のドラムが打ち鳴らされる。

| | コメント (0)

2017年3月30日 (木)

奏でる人々(14)ジョグジャカルタ(インドネシア)

インドネシアの古都ジョグジャカルタで、伝統的な影絵芝居、ワヤン・クリッの観光客向けショーを鑑賞。伴奏は、ガムランと呼ばれる、インドネシアの伝統的な音楽。銅鑼など様々な楽器で構成される楽団が演奏。
Gamelan_in_jogjakarta
ガムラン【ジョグジャカルタ】

芳醇な音楽であったなどと書き連ねたいところだが、残念ながら催眠効果があったことしか覚えていない。改めて聞き直してみたい。

| | コメント (0)

2017年3月27日 (月)

奏でる人々(13)敦煌(中国)

中国甘粛省は敦煌の夜の市場のそばの歩行者天国にて。流しの二胡+ギター+歌のトリオが。ギターが超絶にへたくそというか、コードとか関係なしに適当に鳴らしているだけにしか聞こえないひどいものだったことしか覚えていない。
Erhu_and_guitar_in_dunhuang
二胡の演奏の記憶なし【敦煌】

| | コメント (0)

2017年3月15日 (水)

奏でる人々(9)ビエンチャン(ラオス)

ラオス国立劇場(自称)でのトラディショナル・ダンス・ショー。生演奏を基本に時々テープの音も混ざる。楽団の中には、曲が変わると楽器を変えて演奏する人も。そんな楽器の一つが「ケーン」という、巨大な笙のような竹の笛。
Music_instrument_in_vientiane_2
吐いても吸っても音が出るらしい。【ビエンチャン】

| | コメント (0)

2017年3月 3日 (金)

奏でる人々(5)北京(中国)

清朝の皇帝の庭園、頤和園の中の徳和園を歩いていると、楽隊が演奏中。
Chinese_band_at_the_summer_palace_i
頤和園内の徳和園にて【北京】

宮廷音楽の再現であろうか。広大な庭園を歩き回っていると疲れるので、休みがてら、音楽鑑賞。

| | コメント (0)

2017年2月25日 (土)

奏でる人々(3)バクタプル(ネパール)

バクタプルのトウマディ広場は、様々な人が行きかい、ぼーっと人間観察しているだけで飽きない場所。そんな広場を、打楽器を打ち鳴らしながら歩いてくる一団が。
Music_instruments_in_bhaktapur
トウマディ広場を行く【バクタプル】

太鼓(ドールというものか)とシンバル状のものを鳴らし、通り去って行った。なぜかヤギを連れていた。

| | コメント (0)

2017年1月26日 (木)

夜の街を(38)ラホール(パキスタン)

パキスタンの幹線道路には電灯がない。だから車のヘッドライトがなければ真っ暗である。日中は霧に包まれ、夜は明かりがなく、どちらも暗い。

大都市ラホールの「フード・ストリート」と呼ばれる商店街も街灯は少ない。が、店先の明かりが、ストリート全体を照らし出す。
Night_at_food_street_in_lahore
ラホールのフード・ストリート

| | コメント (0)

2017年1月23日 (月)

世界の夜明け(17)パキスタン ラホール

シンド州からパンジャーブ州を走り抜けた今回のパキスタン旅行。どこに行っても霧ともや。特に朝と夕方は。

ということで、夜明けからだいぶ時間がたっても、朝日は弱弱しいまま。それはそれで美しいものであった。
Sunrise_at_badshahi_mosque
朝もやの中、バードシャーヒー・モスクのミナレットが浮かび上がる【ラホール】

| | コメント (0)

2017年1月20日 (金)

旅の飲み物(30)パキスタンのチャーエ

他の南アジア諸国と同様、パキスタンも飲み物といえばミルクティである。チャーエと呼ばれる。隣国インドではスパイスが入っていることが多いような気がするが、今回のパキスタン旅行では一度もスパイス入りはなかった。たいていはミルクと砂糖と紅茶であった。甘く優しい味わいは、辛い食事で刺激された口の中を優しく癒してくれた。

また、たいていは鍋にかけたミルクに茶葉と砂糖をぶち込んで、それを煮立てて作っていた。ただし、ミルクに水が混ざっている可能性はある。
Chae_in_punjab_pakistan
この店はやけに丁寧に淹れていた。そしてうまかった。【ハラッパーとラホールの間の道路沿いの茶屋】

チャーエのほか、緑茶もよく出てきた。もちろん甘かった。時にはレモンでも入れているのか、甘酸っぱかった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LRT・路面電車 | がっかり | アジア | アフリカ | アメリカ合衆国 | アラブ首長国連邦 | アルゼンチン | イエメン | イギリス | イスラエル | イタリア | イラン | インド | インドネシア | ウズベキスタン | エジプト | エチオピア | オセアニア | オランダ | オーストラリア | カナダ | カンボジア | ギリシャ | クロアチア | グアテマラ | シンガポール | ジンバブエ | スイス | スウェーデン | スペイン | スリランカ | スロベニア | スーダン | セネガル | タイ | タンザニア | チェコ | チリ | デンマーク | トルコ | ドイツ | ニセモノ | ニュージーランド | ネパール | ノルウェー | バヌアツ | バングラデシュ | パキスタン | パレスチナ | フィリピン | フィンランド | フランス | ブラジル | ブルガリア | ベトナム | ベネズエラ | ベルギー | ペルー | ホンジュラス | ボスニア・ヘルツェゴビナ | ボリビア | マリ | マルタ | マレーシア | ミャンマー | メキシコ | モロッコ | モンテネグロ | ヨルダン | ヨーロッパ | ラオス | ロシア | 上から | 世界遺産 | 中南米 | 中国 | 中東 | 主食 | 伝建地区 | 動物 | 北米 | 南アフリカ | 博物館・美術館 | 台湾 | 国境 | | 夕焼け | 夜明け | 夜景 | 夜行 | 実用情報 | 市場 | 挨拶等 | 旅行・地域 | 日本 | 楽器 | | | 空撮 | 空港連絡鉄道 | | 踊る | 道端の神々 | | 韓国 | 飲み物 | 香港 | 高速列車