2017年5月17日 (水)

セネガル旅行(2)パリ

5月3日
上海午前0時発のエール・フランス機でパリへ。深夜便にもかかわらずしっかり夕食(夜食か)付き。しかも巨大機体A380の最後尾のブロックだったためか、配膳は最後。食事が運ばれてきたときにはすでに1時20分をまわっている。早く眠らせてください。そして案の定、可もなく不可もない料理に(これと比べれば、中国東方航空の中華料理ははるかにましだった)、コーヒーはインスタント。

5時半にパリ・シャルルドゴール空港に着陸。家にあったユーロの小銭を持ってきたのに、預け荷物に入れてしまったことに今更気付く。30分以上空港内を走ってようやくゲートへ。さらに到着したのはゲートMなる、サテライトみたいなところで、出口のビルまで電車で2駅。そして出国審査で長蛇の列。やっと自分の番がまわってきたと思ったら、スーダンとパキスタンの入国履歴を見咎められる。何しに行ったんだ、危なくないのかと質問攻め。いろいろ説明し、ようやく「お前が考古学が好きなのはわかった」ということで釈放。

すでに着陸から1時間40分が経過。7時半発のリムジンバスに乗車。今日はトランジットの時間を利用して、パリから列車で1時間ほどの町、シャルトル観光を計画しており、そのためシャルトル行き列車の出るモンパルナス駅行きのバスに乗車したのだが、シャルトルに行って帰るのはもう厳しそうだ。ということで、プランBを発動。パリ近郊のフォンテーヌブローに行くことにして、同地に向かう列車が発着するリヨン駅で途中下車することに。バスは渋滞にはまり、予定より時間がかかり、8時45分頃、同駅に到着。

切符を手配しようと、券売機に行くと、クレジット・カードしか使えない。ユーロの現金を使いたかったので有人カウンターに向かうと、番号札をもらう仕組みになっていて、どうやら10人以上待ちそう。そんな暇ないので、カードで払おうと改めて券売機に。しかし操作がわかりづらく苦労し、ようやく行き先を入力できたと思ったら、適切な価格がありません的な謎のメッセージが表示される。困って番号札を発行する機械のそばでだべっている職員に聞くと、フォンテーヌブロー行きの切符はここでは買えない、二つ下のフロアに行けと言われる。

言われたとおりに二つ下がるとそこは地下鉄「メトロ」とRER(地下鉄の急行版のようなもの)の駅。フォンテーヌブロー行きは「R」という線のようなのだが、なぜか表示が見当たらない。うろうろ探し回り、ようやく表示を見つけ、矢印をたどっていくと、あろうことか地上に向かうエスカレーターに。ナンセンス。しかしどうしようもないので黙って矢印に従って上に上がると、当たり前だがそこはさっきまでいたSNCF(フランス国鉄)の駅構内。途方に暮れてインフォメーションみたいのを探して尋ねると、やはり地下2階に行けと言われる。そうこうしているうちに、フォンテーヌブロー行きの列車が出る時刻は過ぎてしまった。事前の情報では列車は30~40分間隔のはず。次の列車では時間が足りない。プランBもあえなく消滅。

ともかく切符を買うことすらできないとはデリー以来の失態である。帰りのトランジットの際に寄ろうと、真相究明すべく再び地下鉄駅に向かい、路線図を観察し、構内を見まわし――ようやくわかった。地下駅に(見つけた限りでは)2台だけSNCFの「パリ、イルドフランス」と書かれた券売機がある(一方、地上の券売機および有人カウンターは長距離専用)。ここで切符を買ったうえで、列車はメトロやRERのホームではなく、地上のSNCFのホームから出るということなのだった。地上から出る列車に乗るために、地下鉄駅まで降りて切符を買い、目の前にある地下鉄の改札には入らずに地上に戻って列車に乗るという仕組みだったのだ。まったくもってナンセンス。

ともかく、やむなくプランCのパリ市内散策へ。限られたトランジット時間を利用してどう歩くか、朝食をとりながら検討することに。ということでテロ対策なのか警官だらけの駅を出て、バス車窓から見えてちょっと気になっていた駅前のカフェへ。コーヒー(スモールかラージか聞かれたので、後者に)、クロワッサン、それにバター・タルティーヌ(スライスしたバゲットに具材、この場合はバターを載せたもの)。貧相な朝食だが、店の雰囲気はよい。雰囲気代込で6.5ユーロ(約810円)。紙幣で払ったら、店員がお釣りを崩しにどこかに探しに走って行った。なんとなく申し訳なくチップをはずむ。

10時半頃店を出る。雨のパリ。まずはバス車窓から見えて気になった高架橋へ。入口に浮浪者が就寝中。その脇をそっと通って階段を上がると、予想通り緑一杯の遊歩道。ニューヨークのハイラインと同様、かつての鉄道の高架橋跡を利用した「プロムナード・プランテ」であった。そこを歩いてバスチーユ広場へ。中央の「7月の円柱」は工事中。広場に面した新オペラ座はつまらない外観。

そこから10分ほど歩くと割と立派な教会が。せっかくなので中へ。サン・ポール・サン・ルイ教会であった。ドーム状の天井が高く、中も割と立派。出てすぐ近くのカフェで一休み。1.2ユーロ(約150円)のエスプレッソが素晴らしくうまい。妙齢の女性店主もかっこいい。思わずチップをはずむ(といっても0.8ユーロだが)。

さらに歩き、パリ市庁舎の前を通り、橋を渡ってサンルイ島へ、とぶらぶら歩く。緑の並木と石造りの建物がマッチした街並みが続き、雨でも歩いていて楽しい。
Paris
パリの街を歩く

12時15分にアラブ世界研究所に入る。ジャン・ヌーベルのデザインによる建築で、アラブのデザインをモチーフとした幾何学模様のアルミパネルが有名。ここでは特別展「アフリカのイスラム」へ。マグリブ、ヌビア、東アフリカ、西アフリカと、アフリカ各地でのイスラムについてまとめて展示していて、対象が広すぎて散漫。しかも昔のものから現代アートまでいろいろ展示。それでもセネガルのイスラム化についての説明展示もあり、多少は今回の旅行の参考になる。アートも面白いものがあった。さらに常設展へ。こちらのテーマは「アラブ」とさらに広く、イスラム化以前のナバテア人から始まる。ちゃんと見れば面白いのかもしれないが、時間がない。結局全館で1時間ほどで退散。

近くのカフェでクローク・ムッシュとカフェオレで昼食。時間が無くなってきた。ノートルダム大聖堂の写真などを撮りながら速足でRERのサン・ミシェル・ノートルダム駅へ。駅には券売機と閉鎖された窓口だけ。券売機は紙幣は使えず硬貨とクレジットカードだけが使えるタイプだがカードは使用中止との表示。手持ちのコインを数えると9ユーロちょっとしかない。空港までは10ユーロ。数セント足りない。家にあった小銭を持ってきていれば、あるいはチップで小銭を使ってしまわなければ、足りた。しかし今となってはどうにもならない。とにかく空港に行かねばならない。

紙幣を崩して小銭にするしかないと思い、外へ。目の前ににカフェがあるが、ノートルダム大聖堂正面という絶好のロケーションのためかエスプレッソ3ユーロ(約370円)とぼったくり価格。腹正しく、ほかの店を探すが、土産物にはろくなものがないし、近くにほかのカフェも見つからない。やむを得ずぼったくりカフェへ。案の定、まずいエスプレッソ。角砂糖でなく袋入りの砂糖で済ませているあたりからしてやる気がない。典型的な観光地殿様商売。バカにしている。

とにもかくにも7ユーロの小銭を手に入れ、意気揚々と駅へ降りると――有人の窓口が開いた。これまでの苦労と立腹をどうしてくれる。

RERのB線で30分ほどでシャルルドゴール空港へ。駅到着後15分後には空港内の制限エリア。入国と異なり、出国はあっという間。慌てて戻ってきたのに拍子抜け。ぱっと見しゃれたデザインで、高級ブランドショップが麗しく並ぶが、トイレは階段(ないしエレベーター)で降りないと使えないなど、相変わらず利用者の利便性は後回しな設計思想を感じる空港。

そして急いで空港に戻ってきたというのに、エールフランス機の離陸は予定の1時間半遅れの17時50分。5時間20分ほどでセネガルの首都、ダカールに到着。ATMが3台とも使えなかったので、両替所でユーロから当地の通貨、セーファーフランに両替。空港の両替はレートが悪いと相場が決まっているが、ユーロとセーファーフランは固定レートのはずだが、それよりは少し悪い。手数料だろうか。あるいは小銭がないということか。

ホテルに頼んでいた送迎の車で10分弱でンゴール地区のホテルへ。チェックインの手続きもなく部屋に連れていかれる。そして、トイレ・シャワーは部屋の外との説明。つまり共用と。いや、トイレ付きの部屋を予約したはずだというと、確かにそうした予約を受けたが今夜はトイレ付きの部屋は開いていない、責任者は妻だが明日来るから、と。共用のシャワールームには誰かの下着が干されており、タオルはかび臭く、Wifiは弱くて使い物にならない。ろくでもない。

| | コメント (0)

2017年4月14日 (金)

奏でる人々(19)ロンドン(イギリス)

日曜日夕方で人通りのないロンドン、シティ。その一角のセント・ポール大聖堂に入ると、どうやらミサか何かをやっている。
St_pauls_cathedral_in_london
セント・ポール大聖堂【ロンドン】

パイプオルガンをバックに讃美歌が鳴り響く。しばしその美しい音楽を楽しんだ。
Pipe_organ_at_st_pauls_cathedral_in
パイプオルガンが写っている写真が1枚だけあった【セント・ポール大聖堂(ロンドン)】

| | コメント (0)

2017年4月 8日 (土)

奏でる人々(17)プラハ(チェコ)

音楽の都でもあるプラハの、聖サイモン・ユダ教会にて、「ビバルディ・オーケストラ・プラハ」のコンサートへ。昔風の衣装を着て、昔風の楽器も使って演奏する室内楽団。
Vivaldi_orchestra_praga
ヴィヴァルディ・オーケストラ・プラハ

改めて当時のチラシを見てみると、ベネツィアのカーニバルの寓話的衣装、と書いてある。曲目はビバルディの「四季」の「春」など。

楽器の違いなど特段判らず、ただ教会で音楽を聴くという体験そのものを楽しんだ夜であった。

| | コメント (0)

2017年3月21日 (火)

奏でる人々(11)セビリア(スペイン)

スペインはセビリアで鑑賞したフラメンコは、踊りもさることながら、伴奏のギターの演奏にも釘付けになった。早引きでかき鳴らし、超絶技巧な感じ。ショーの中盤で帰ってしまったのが残念。一晩で何軒か掛け持ちしていたのだろうか。隠れた人気者。
Guitarist_in_sevilla
太鼓腹のおっさんがめちゃくちゃかっこいい【セビリア】

| | コメント (0)

2017年3月 6日 (月)

奏でる人々(6)パリ(フランス)

芸術の都というパブリック・イメージを保つべく、パリでは地下鉄の車内や路上など、あちこちでミュージシャンが(たぶん許可を得て)演奏している。

モンマルトルのアベス広場では、オルガンとソプラノサックスという組み合わせでジャズを。
Organ_and_soprano_sax_in_paris_mont
しっかりCDも発売中【パリ・モンマルトル】

| | コメント (0)

2017年2月16日 (木)

世界の高速列車(14)イギリスのジャベリン

英仏海峡トンネルと合わせて、ロンドンからトンネルの間にも高速新線が整備された。そしてその区間にはロンドンとパリなど欧州大陸との間を結ぶユーロスターと合わせ、イギリス国内を走るローカルな高速列車も運行されることとなった。それが「ジャベリン」である。車両は日本の日立製。新幹線の親戚筋と言えなくもないか。
Javelin_at_canterbury_west
ジャベリン【カンタベリー・ウエスト駅】

高速列車ではあるが、どことなくローカルな近郊列車の風情もある。
Javelin_inside
ジャベリン車内

| | コメント (0)

2017年2月 7日 (火)

世界の高速列車(11)スウェーデンのX2000

かつて鉄道車両メーカーとして「ビッグ3」と呼ばれたのは、フランスのアルストム、ドイツのシーメンス、そして本社がカナダにあるボンバルディアである。高速列車としてはアルストムにはTGV(そして旧フィアット社のペンドリーノ)が、シーメンスにはICEがある。ではボンバルディアはどうか。

スウェーデンの高速列車、X2000(現在はSJ2000と呼ぶようだが)で使われてきた車両X2系は、スイス・スウェーデンの企業ABB社により開発され、その鉄道部門がダイムラーグループの鉄道部門とくっついて「アドトランツ」という名となり、それがさらにボンバルディアに買収された。ということで、X2000はボンバルディアの高速列車車両、と位置付けてよいのではないか。
X2000_at_goteborg
イェーテボリ駅のX2000

現在、ボンバルディアは「ゼフィロ」というブランドで高速列車を開発、イタリアや中国でその車両が走っているもよう。

| | コメント (0)

2017年2月 4日 (土)

世界の高速列車(10)スペインのAVE(S103)

フランスのTGV、イタリアのペンドリーノ他、日本の新幹線と並ぶ、世界の高速列車の最大勢力の一つがドイツ・シーメンス社のヴェラーロである。ドイツのICE3がベースとなっており、その最初のバージョンがスペインの高速列車AVEに使われるS103である。
Ave_103_at_barcelona
出発を待つS103【バルセロナ・サンツ駅】

実際に乗ったのはバルセロナからタラゴナまで30分の短い区間だったが、早くて快適だった。
Inside_ave_103
S103車内

ヴェラーロはその後、ロシア、中国、トルコ、さらにはユーロスター用にも輸出されている。

| | コメント (0)

2017年2月 1日 (水)

世界の高速列車(9)フィンランドのペンドリーノ

イタリア製高速列車のペンドリーノは、カーブを高速で曲がれる性能を持ち、高速新線を整備せず、在来線を走っても高速性能を発揮できることから、様々な国に輸出されている。

北欧・フィンランドでもペンドリーノは走っている。首都ヘルシンキからトゥルクまで、2時間弱。
Pendolino_at_the_turku_station
トゥルク駅に停車するペンドリーノ

| | コメント (0)

2017年1月29日 (日)

世界の高速列車(8)イタリアのペンドリーノ(ETR480)

ペンドリーノは、イタリア・フィアット社(現在はアルストム社に吸収合併されている)による高速列車用車両。カーブを高速で曲がるため車体傾斜式車両となっているのが特徴で、山がちのイタリアで、高速新線を整備せず、在来線でも高速で走るために開発された。
Etr480_at_caserta_station
ETR480【カゼルタ駅】

列車の種別というか愛称としては、前回紹介したのと同じ「エウロスター・イタリア」(のイタリア語読み)だった。なお、前回紹介したETR500は高速新線を走る前提で、車体傾斜装置が装備されていないため、「ペンドリーノ」とは呼ばれない。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LRT・路面電車 | がっかり | アジア | アフリカ | アメリカ合衆国 | アラブ首長国連邦 | アルゼンチン | イエメン | イギリス | イスラエル | イタリア | イラン | インド | インドネシア | ウズベキスタン | エジプト | エチオピア | オセアニア | オランダ | オーストラリア | カナダ | カンボジア | ギリシャ | クロアチア | グアテマラ | シンガポール | ジンバブエ | スイス | スウェーデン | スペイン | スリランカ | スロベニア | スーダン | セネガル | タイ | タンザニア | チェコ | チリ | デンマーク | トルコ | ドイツ | ニセモノ | ニュージーランド | ネパール | ノルウェー | バヌアツ | バングラデシュ | パキスタン | パレスチナ | フィリピン | フィンランド | フランス | ブラジル | ブルガリア | ベトナム | ベネズエラ | ベルギー | ペルー | ホンジュラス | ボスニア・ヘルツェゴビナ | ボリビア | マリ | マルタ | マレーシア | ミャンマー | メキシコ | モロッコ | モンテネグロ | ヨルダン | ヨーロッパ | ラオス | ロシア | 上から | 世界遺産 | 中南米 | 中国 | 中東 | 主食 | 伝建地区 | 動物 | 北米 | 南アフリカ | 博物館・美術館 | 台湾 | 国境 | | 夕焼け | 夜明け | 夜景 | 夜行 | 実用情報 | 市場 | 挨拶等 | 旅行・地域 | 日本 | 楽器 | | | 空撮 | 空港連絡鉄道 | | 踊る | 道端の神々 | | 韓国 | 飲み物 | 香港 | 高速列車