2017年5月11日 (木)

奏でる人々(22)メキシコシティ(メキシコ)

メキシコでは楽団をマリアッチと呼び、観光客向けのレストランなどでは流しでやってきてチップを稼いでいる姿をよく見かけた。

こちらは割と高級レストランのためか、チップを撮る風でもなく、また黒いスーツにソンブレロ(つばの広い帽子)という典型的ないでたちでもなかった。
Mexico_city
真ん中のハープのような楽器は「アルパ」か【メキシコシティ】

| | コメント (0)

2017年4月11日 (火)

奏でる人々(18)クスコ(ペルー)

クスコのフォルクローレ・ショー付きの夕食にて。高山病で途中退散し、写真もわずかばかり。
Folclore_show_at_cusco_2
サンポーニャなどか【クスコ】

| | コメント (0)

2017年2月28日 (火)

奏でる人々(4)ウユニ塩湖(ボリビア)

ウユニ塩湖ツアーで立ち寄る、塩のホテル「プラヤ・ブランカ」。そこに現れた笛と太鼓の楽団。笛はおそらく、アンデスの民俗楽器、サンポーニャ。衣装も民俗衣装風。
Zamponas_and_drums_in_salar_de_uyun
ウユニ塩湖とサンポーニャ

おっ、と思ったが演奏は残念な感じ。チップを出す気などさらさらしないレベル。先方もそれをわかっているのか、現れて立ち止まって演奏するだけで、こちらへアピールしてくる感もない。観光客が来るのを待って演奏しているのだと思うのだが。

太鼓に書かれた文字「Aymarpacha」で検索すると、youtubeやfacebookで演奏の動画がヒットする。こちらはまともな演奏・・・これを現地で聞きたかった。

| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

猫だらけ(17)ブエノスアイレス

ブエノスアイレスの観光名所、タンゴ発祥地として知られるボカ地区のカミニート。観光客目当ての店がずらりと並ぶが、そんなまちでも猫はマイペース。
Cat_at_caminito_in_buenos_aires
壁際が好き【ボカ地区のカミニート(ブエノスアイレス)】

| | コメント (0)

2016年11月15日 (火)

猫だらけ(14)サンタ・エレナ・デ・ウアイレン

ベネズエラのグラン・サバナのツアー拠点となる町、サンタ・エレナ・デ・ウアイレン。夜行バスで到着し、泊まった宿には猫と犬が暮らしていた。
Dogs_and_cat_in_santa_elena_de_uair
見つめあう三匹【サンタ・エレナ・デ・ウアイレン】

| | コメント (0)

2016年11月12日 (土)

猫だらけ(13)ウユニ塩湖近隣の村

ウユニ塩湖とその周辺を巡るツアーで訪れた、塩のブロックでできたホテルにて。高地につき、頭痛薬が切れると頭痛が襲う。

標高3000m、4000mといった地にわざわざ暮らす人々には、それなりの理由なり経緯があるのだろうと思うが、猫はどうなのだろうか。
Cat_in_the_village_near_salar_de_uy
吹きすさぶ強風を耐える【ウユニ塩湖近隣】

| | コメント (0)

2016年8月11日 (木)

猫だらけ(2)メキシコ・シティ

メキシコ・シティのホテル・フロントにいた猫。紙筒に激しくじゃれていた。
Cat_in_mexico_city
この筒は僕のもの【メキシコ・シティ】

| | コメント (0)

2016年4月14日 (木)

道端の神々(7)ポトシ(ボリビア)

クリスマス前後に南米を歩いていると、教会の外や中に、キリストの降誕シーンを人形などで再現した模型のようなものが置かれているのをよく目にする。スペイン語でpesebreとかBelén(ベレン)、イタリア語でpuresepio(プレゼピオ)と呼ばれ、ヨーロッパ各地でも行われている習慣のよう。

ボリビアの植民地都市、ポトシの大聖堂(カテドラル)前にもあった。道端とはちょっと違うが、街の中心の広場に面して置かれていた。
Potosi
ポトシのプレゼピオ

| | コメント (0)

2016年4月11日 (月)

道端の神々(6)プエルト・イグアス(アルゼンチン)

南米アルゼンチンもカトリック信仰の国。こちらはおそらく聖母マリア像。道端ではなく、バスターミナルの建物内だが、気になったので。
Puerto_iguazu
バス・ターミナルのマリア【プエルト・イグアス】

| | コメント (0)

2016年4月 8日 (金)

道端の神々(5)アタカマ砂漠(チリ)

カトリックでラテン系だからか、南欧と同様に南米でも道端に小さな礼拝の対象を見かけた。

写真はチリのアタカマ砂漠を走っていた時に車窓に見えた十字架。墓に見えなくもないが、恐らくそうではない気がする。
Cross_in_atacama_desert
誰がいつ祈っているのだろうか【アタカマ砂漠】

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LRT・路面電車 | がっかり | アジア | アフリカ | アメリカ合衆国 | アラブ首長国連邦 | アルゼンチン | イエメン | イギリス | イスラエル | イタリア | イラン | インド | インドネシア | ウズベキスタン | エジプト | エチオピア | オセアニア | オランダ | オーストラリア | カナダ | カンボジア | ギリシャ | クロアチア | グアテマラ | シンガポール | ジンバブエ | スイス | スウェーデン | スペイン | スリランカ | スロベニア | スーダン | セネガル | タイ | タンザニア | チェコ | チリ | デンマーク | トルコ | ドイツ | ニセモノ | ニュージーランド | ネパール | ノルウェー | バヌアツ | バングラデシュ | パキスタン | パレスチナ | フィリピン | フィンランド | フランス | ブラジル | ブルガリア | ベトナム | ベネズエラ | ベルギー | ペルー | ホンジュラス | ボスニア・ヘルツェゴビナ | ボリビア | マリ | マルタ | マレーシア | ミャンマー | メキシコ | モロッコ | モンテネグロ | ヨルダン | ヨーロッパ | ラオス | ロシア | 上から | 世界遺産 | 中南米 | 中国 | 中東 | 主食 | 伝建地区 | 動物 | 北米 | 南アフリカ | 博物館・美術館 | 台湾 | 国境 | | 夕焼け | 夜明け | 夜景 | 夜行 | 実用情報 | 市場 | 挨拶等 | 旅行・地域 | 日本 | 楽器 | | | 空撮 | 空港連絡鉄道 | | 踊る | 道端の神々 | | 韓国 | 飲み物 | 香港 | 高速列車