2014年8月31日 (日)

花話(22)アヌシーの花

スイス国境に近いフランスの町アヌシーは、アヌシー湖岸に広がる小さな町。旧市街には運河が走り、水の都といわれることもある。都というほど広くもきらびやかでもないが。

運河沿いには花々が飾られ、いい雰囲気。
Flowers_in_annecy
ちょっとした取組にもみえるが、続けるのは大変そう【アヌシー】

| | コメント (0)

2013年12月27日 (金)

花話(14)ラウターブルンネンのタンポポ(スイス)

スイスアルプスの山中にあるラウターブルンネンにはたしか昼過ぎに到着し、午後一杯を近場のハイキングに当てることができた。駅からほど近いホテルから歩き始めたのだが、もう駅前から、遠くの山並みと目の前の起伏のある牧草地とが美しい景色が始まっていた。

緑色の牧草地に黄色を散らすようにタンポポの花が咲きまくり、必然的に写真も撮りまくることになるのだった。
Dandelion_at_lauterbrunnen

Dandelion_and_cow_at_lauterbrunnen
しかし、タンポポがまともに映っている写真は少ないのであった【ラウターブルンネン】

| | コメント (0)

2011年7月 8日 (金)

世界のLRT・路面電車(18)ベルン(スイス)

スイスの首都ベルンは、旧市街がまるごと世界遺産。その中を路面電車が走る。写真のように塔の下をくぐるように走る場面などもあり、古い街並みに溶け込んでいる。
Tram_in_bern
ベルンの旧市街をゆく路面電車

世界で一番、街並みになじんでいる路面電車といっても過言ではない。架線は邪魔だが。

| | コメント (0)

2011年7月 5日 (火)

世界のLRT・路面電車(17)チューリッヒ(スイス)

スイスの都市は昔ながらの路面電車が健在なところが多い。チューリッヒもそんな都市の一つである。なんでも、1970年代に地下鉄整備計画を住民投票で葬って、路面電車を残したらしい。

列車でチューリッヒ中央駅に到着すると、市内各地に伸びる路面電車に乗り換えられる。写真のバーンホフ通りは駅前から伸びる目抜き通りだが、トランジット・モールとなっている。
Tram_in_bahnhof_street_zurich
バーンホフ通りを行く路面電車【チューリッヒ】

| | コメント (0)

2009年12月22日 (火)

アニマルプラネット(6)牛(ラウターブルンネン)

旅の思い出には視覚や味覚だけではなく、聴覚や嗅覚、触覚が伴うこともある。スイスのラウターブルンネンのハイキングで覚えているのは、青空の雪山と下、タンポポの黄色を散らした鮮烈なまでの緑の牧場、といった目に映る風景だけではない。

そこかしこにいた牛たちがつけていた、カウベル。その音が今でも耳に残る。この日のハイキングは天候も良くて、(日が陰る前までは)異様なまでに満足度が高かったのだが、それは目と耳とでアルプスの景色を堪能できたからなのかもしれない。
Cow_bell_in_lauterbrunnen
そんな表情で見つめられても困る。

| | コメント (0)

2009年3月 2日 (月)

空港連絡鉄道(6)チューリッヒ空港駅

チューリッヒのクローテン空港の駅は、スキポール(アムステルダム)やカストラップ(コペンハーゲン)と同様、幹線の途中駅。おそらくこの駅を通る列車(インターシティからSバーンまで)はすべて停車すると思われる。チューリッヒ中央駅からは10分ほどで、大体10分間隔らしく、大変便利。

以前乗車したときはたまたまインターシティ(特急)のザンクトガレン行き。2階建ての新しい車両。しかし、空港駅でドアが開かないトラブルが発生。空港が終点ではなく、しかも特急なので、もしここで降りられなかったらどこまで行くか分からないと、こちらは大いに焦ったが、周りの乗客はそうでもなかったような気もする。よくあることなのか。

これだけでも大変便利なのだが、さらに昨年(2008年)12月にチューリッヒ市内と結ぶ路面電車(LRT)が開通したらしい。うらやましい限り。
Zurich_airport_station
チューリッヒ空港駅

| | コメント (0)

2007年1月13日 (土)

スイス旅行(7)ザンクトガレン、チューリッヒ

5月4日
早朝(6時前)、ホテルを出て駅へ。しかし乗ろうとした電車は土曜は運休で、1時間以上、雪の降る駅で待ちぼうけを食らう。

で、午前中はザンクトガレンに移動、旧市街は大したことなかったが、世界遺産となっている大聖堂と付属図書館の内装はすばらしい。前者は吸い込まれそうな気分。もちろんスイッチオンだったが、後者では撮影禁止だったのが惜しまれる。
St_gallen
ザンクトガレンの大聖堂内部

午後はチューリッヒへ。インフォメーションで教えられたホテル最寄りのトラム停留所が間違っていて余分に歩かされたり、ホテルの部屋がまだ未清掃(もちろん部屋は変えさせたが)だったり、聖ピーター教会は結婚式中のため中に入れてもらえなかったりと、不愉快なことも多かったが、旧市街はなかなかすばらしく、予想に反してスイッチが入る。
Zurlch
チューリッヒの旧市街

最後、大学のテラスから街を見下ろそうとしたがケーブルカーは土曜は最終がなんと14時というふざけたダイヤ。仕方なく歩くが道に迷い、よけいなところにまで登る(別に景色は見えない)。ようやくたどり着いたテラスで、雨に濡れたカメラのレンズを拭こうとしたら、レンズが鏡筒からはずれるという前代未聞のトラブル。意地で撮影したが、うまく撮れているかどうか不安が残る。

5月5日
小さなアクシデントが多かった今回の旅の締めくくりは、空港に行く列車のドアが開かず、しばらく降りられなかったこと。2階建ての最新っぽいインターシティだったのに。

| | コメント (0)

2007年1月11日 (木)

スイス旅行(6)氷河急行

5月3日
氷河急行に全線乗車。全線雨または雪だったが。それはそれ、雲が沸き立って仙人が出てきそうな風景や、雪とガスで真っ白な幻想的な眺めもすばらしい(半分負け惜しみ)。

食堂車でのランチも予約し、さあ食べようと思って、食堂車の方へ歩いていったら、食堂車はないと言われる。猛雪のためか、車両トラブルがあったらしい。結局、途中駅で全員下車させられ、バスにのりかえ、次の駅で待っている別の列車に乗り換える。乗り換え後はようやく食堂車にありついたが、途中分割されるため、あわただしい昼食となる。名物の傾いたワイングラスや、キルシュを注ぐパフォーマンスは見れずじまい。

車両交換の後は雪もやみ、雨模様ながら山間の景色も多少は楽しめた。

Glacier_express
有名なランド・ヴァッサー橋では身を乗り出して。

終着のサンモリッツに到着後も雨が激しく、旧市街を散策する気力が起きず、ホテルで食事を済ませる。到着した街を歩かないなんて、個人的には前代未聞。

| | コメント (0)

2006年12月27日 (水)

スイス旅行(5)ツェルマット

5月2日
マッターホルンが見える(はずの)展望台3カ所に、登山鉄道、地下ケーブルカー(1日に3本のみ運航)、ロープウェーで登る。それぞれ、もっとも高いところまでは運休中のため登れない。しかも雪とガスによりマッターホルンの姿は全く拝めず。だいたい、スキーヤーの方が圧倒的に多く、山を眺めたりハイキングに来る季節ではないらしい。

しかし悔しいので、雪が雨に代わるあたりの高度から、ハイキングして下山。それなりに楽しい。晴れてればもっと楽しかっただろうが。なお、雨の中ハイキングしていた酔狂な人は他にもいたので念のため。
Zermatt2_findeln
まだ雪が残るなかハイキング

| | コメント (0)

2006年12月25日 (月)

スイス旅行(4)ユングフラウヨッホ、ツェルマット

5月1日
登山鉄道でユングフラウヨッホへ。こんな高いところ(標高約3500m)に観光地をつくってしまうものだと感心。吹雪いてたけど、一瞬、メンヒも見えたし。なぜかインド人も多かった。
Jungfrau
一瞬、ガスが晴れた【ユングフラウヨッホ】

午後はいよいよツェルマットへ。そこまでの列車は車窓がすばらしい。しかし天気は雨。

とりあえずツェルマット到着後、街の中を散策。今日で冬ダイヤが終わり、明日の登山列車・ケーブルカーの運行は未定と言われ、ショック。
Zermatt
ツェルマットの街並み

夜に飲んだ白ワインがおいしく、調子に乗ってデザートまで食べたところ、息もできないくらい満腹になる。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

LRT・路面電車 | がっかり | アジア | アフリカ | アメリカ合衆国 | アラブ首長国連邦 | アルゼンチン | イエメン | イギリス | イスラエル | イタリア | イラン | インド | インドネシア | ウズベキスタン | エジプト | エチオピア | オセアニア | オランダ | オーストラリア | カナダ | カンボジア | ギリシャ | クロアチア | グアテマラ | シンガポール | ジンバブエ | スイス | スウェーデン | スペイン | スリランカ | スロベニア | スーダン | セネガル | タイ | タンザニア | チェコ | チリ | デンマーク | トルコ | ドイツ | ニセモノ | ニュージーランド | ネパール | ノルウェー | バヌアツ | バングラデシュ | パキスタン | パレスチナ | フィリピン | フィンランド | フランス | ブラジル | ブルガリア | ベトナム | ベネズエラ | ベルギー | ペルー | ホンジュラス | ボスニア・ヘルツェゴビナ | ボリビア | マリ | マルタ | マレーシア | ミャンマー | メキシコ | モロッコ | モンテネグロ | ヨルダン | ヨーロッパ | ラオス | ロシア | 上から | 世界遺産 | 中南米 | 中国 | 中東 | 主食 | 伝建地区 | 動物 | 北米 | 南アフリカ | 博物館・美術館 | 台湾 | 国境 | | 夕焼け | 夜明け | 夜景 | 夜行 | 実用情報 | 市場 | 挨拶等 | 旅行・地域 | 日本 | 楽器 | | | 空撮 | 空港連絡鉄道 | | 踊る | 道端の神々 | | 韓国 | 飲み物 | 香港 | 高速列車