2017年5月14日 (日)

セネガル旅行(1)上海

2017年5月2日(火)
中国東方航空で2時間40分ほどで上海・浦東国際空港へ。そしてリニアモータカーで龍陽路駅へ。最高時速は301km。先頭車両だったので運転席が見える。ただっぴろい空間の右側にちょこんと運転台があり、空いた左側には家庭用扇風機が。暑いのだろうか。冷房がないのだろうか。シュールな絵。

地下鉄2号線に乗り換え、20分強で南京西路駅へ。ここで地下鉄12号線に乗り換えようと案内表示に従って進んでいると、改札口に。切符を入れると(正確にはタッチしたらインサートしろと表示されたので、入れた)切符が出てこない。その先の駅まで買ったのになぜだ。地上に出ると20世紀初頭の建物と、それを模したと思しき新しい建物が並ぶ街並み。12号線の駅が見つからずにうろうろするが、結論としては2号線を出たすぐ近くに12号線の入口が。

12号線で一駅の陜西南路駅で下車。地上へ出ると目の前には国泰電影院という1932年建造の映画館。ここから淮海中路を歩く。この辺りはフランスの租界だったエリア。プラタナスの並木でトンネル状に覆われ、今は高級ショッピング街。歩いていて気持ちのいい通り。少し曲がると、並木は続くが道幅が狭まり、排ガスでのどが痛くなってくる。一方で電動スクーターが音もなく忍び走ってくるので油断できない。

駅から20分ほど歩いて上海孫中山故居記念館へ。孫文(孫中山)の功績をたたえる施設で、入るといきなり中華民国の青天白日旗が展示されていて面食らう。1階は孫文の政治的な役割、2階は彼とその妻・宋慶齢の(私的な)生涯をたどる展示。英語の解説では「国民党」をなぜか「Nationalist Party」といった表記ではなく「Kuo-min-tang 」と表記。30分ほど見学した後、隣の「上海孫中山故居」へ。靴にビニールをかぶせて中へ。孫文とその妻が暮らした家で、19世紀の金持ち暮らしといった風情。華美ではなく落ち着いた雰囲気ではあるが。
Sun_yatsens_former_residence_in_sha
上海孫中山故居

その後、20分ほど歩いて19世紀の「石庫門」様式の建物・街並みをリノベーションした「新天地」へ。単なるおしゃれなショッピング・モールに見えてしまい、面白みに欠ける。建物がまるで古びていないのが仇というか。さらに10分ほど歩く、ブランドショップの入る巨大ビルが立ち並ぶ。走る車は高級外車が多い印象。一方でMobikeなどの自転車シェア(スマホのアプリで予約できる貸し自転車のようなもの)と思しき自転車が多く走り回る。道路にも自転車レーンが整備されているよう。

黄陂南路駅から地下鉄1号線で一駅の人民広場駅へ。地上へ出て巨大な歩行者天国、「南京東路」を歩く。スマホで記念撮影する人が多い観光スポットで、ごみ一つ落ちていないきれいな路上が印象的。一方で日本語の客引きが多く、うざい。小籠包の店で一休み。肉汁をこぼさずに食べるのが難しい。さらに月餅を買って路上で食べる。

混雑する南京東路駅から地下鉄2号線で一駅、陸家嘴駅へ。高級ショッピングモールを通るが、入ってしまうと出口がわからなくなる。というか表示がない。一度入ったら逃がさないという魂胆か。何とか抜け出して、高さ632mと世界第二位の超高層ビル、「上海中心」へ。展望台でチケットを買うが、180元(約2,900円)とお値段も世界屈指の高さ。以前の経験からどうせ昼間の景色はつまらないだろうと思い、夜景になるのを待とうと早めの夕食をとって時間つぶし。ビル地下のフードコートで、香港風?の店へ。フードコートっぽい味。

そして展望台へ。地下の入り口は閑散としていたが、エレベーター(世界最速らしい、おかげで何度も耳がおかしくなった)で上がると大賑わい。ビルの周囲をぐるっとまわれる構造で、以前訪れた栓抜きビルよりはるかに景色を見やすい。そしてだんだん、周りの超高層ビルや、対岸の外灘の建物群がライトアップを始めていき、夜景が派手になっていく。

30分ほど楽しんで地上へ。と思ったらエレベーターで行列。15分ほど待たされる。そして地下鉄2号線で南京東路駅に戻る。歩道から人があふれ、警官が車道に並んで交通整理をしているという賑わいぶりの道を15分ほど歩いて、川沿いの外灘遊歩道へ。ライトアップした外灘のクラシカルな建物と、対岸の浦東の超高層ビルの夜景を目当てにこちらも大賑わい。なかなか良かったのだが、次のフライトの時間が気になり、25分ほど行ったり来たりして退散。地下鉄2号線、リニアモーターカーと乗り継いで浦東国際空港へ。

| | コメント (0)

2017年3月27日 (月)

奏でる人々(13)敦煌(中国)

中国甘粛省は敦煌の夜の市場のそばの歩行者天国にて。流しの二胡+ギター+歌のトリオが。ギターが超絶にへたくそというか、コードとか関係なしに適当に鳴らしているだけにしか聞こえないひどいものだったことしか覚えていない。
Erhu_and_guitar_in_dunhuang
二胡の演奏の記憶なし【敦煌】

| | コメント (0)

2017年3月 3日 (金)

奏でる人々(5)北京(中国)

清朝の皇帝の庭園、頤和園の中の徳和園を歩いていると、楽隊が演奏中。
Chinese_band_at_the_summer_palace_i
頤和園内の徳和園にて【北京】

宮廷音楽の再現であろうか。広大な庭園を歩き回っていると疲れるので、休みがてら、音楽鑑賞。

| | コメント (0)

2016年12月30日 (金)

世界の高速列車(6)中国の和諧号(CRH5)

中国の高速列車「和諧号」は世界中の鉄道会社の車両を集めて走らせてている。その一つがCRH5。フランスのアルストム社の技術によるもの。とはいえ、TGVとは異なる。アルストムが買収したイタリア・フィアット社の鉄道部門による「ペンドリーノ」と呼ばれるタイプのうちETR600系をベースにして開発されたものである。つまり、フランスではなくイタリアの高速列車の中国版である。
Crh5_in_taiyuan
和諧号(CRH5)【太原駅】

北京西駅から太原駅まで3時間半弱。車内は静かで、乗務員がこまめに点検しているためもあって清潔に保たれている。そのあとに乗り継いだ普通列車の大混雑ぶりと対照的だった。
Crh5_inside
CRH5車内

| | コメント (0)

2016年9月 7日 (水)

猫だらけ(11)北京

北京にある広大な庭園というか公園、頤和園。そこにも猫が。
Cat_in_beijing
何に鳴いているのか【北京】

| | コメント (0)

2016年3月 3日 (木)

踊る人(18)雑技(北京)

雑技というと上海雑技団が(日本では)有名な気がするが、北京にもある。
Chinese_acrobatics_in_beijing
雑技より【北京・朝陽劇場】

要はサーカスなわけだが、芸術に走るでもなく、最新テクノロジーでごまかすでもなく、演出上は芸術性も最新技術も少しは取り入れつつもあとは人間の技でひたすら見せる。

| | コメント (0)

2016年2月29日 (月)

踊る人(17)京劇(北京)

踊りというか立ち回りが目を引く京劇。クラッシックなイメージがあるが、清代に始まったものなので、中国四千年の歴史からすると割と新しいものということになるか。
Peking_opera
左が孫悟空だったと思われる【北京・湖広会館】

| | コメント (0)

2016年2月20日 (土)

上から目線(19)上海ワールドフィナンシャルセンター

上海の浦東地区には高層ビルやタワーが立ち並ぶ。せっかくだからどこかに上って眺めを楽しみたい。一番高い(632m)上海中心はまだオープンしていない。東方明珠電視塔の展望台は350m、ジンマオ・タワーの展望台は340m。せっかくなら高い方がいい。ということでビルの高さ492m、展望台474mの上海ワールドフィナンシャルセンター(上海環球金融中心)へ。Wikipediaによると世界で三番目に高い(人工の)展望台。入場料も180元(約3,300円)と高い。
Shanghai_world_financial_center
栓抜き状の穴の部分に展望台がある【上海ワールドフィナンシャルセンター】

入るとまず上海中心部の模型やビデオ映像を見せられる。その後、エレベーターでまず96階へ。さらにエスカレーターで97階へ。なんか小さな部屋で何やら展示の準備をしていてお呼びでない感じ。エレベーターでさらに上がって100階の展望台へ。このビルは上部に栓抜きのような台形の穴が開いていて、その穴の上の辺が 展望台になっているのだが、長方形の部屋の短辺部分は窓がなく、長辺部分の左右にしか窓がない、つまり眺めは二種類しかない。しかもスモッグに覆われた上海の空、眺めがいいとはお世辞にも言えない。隣のジンマオ・タワーを見下ろせるのが面白いぐらい。周囲に社会主義っぽいアパート群が並んでいるのは興味深かったが。
View_from_shanghai_world_financial_
ジンマオ・タワー他を見下ろす【上海ワールドフィナンシャルセンター展望台】

一部の床はガラスになっていて、真下が見えるようになっているのが売りになっている。が、真下には栓抜きの穴の下の辺が見えるだけなので、高くもないし面白くもない。だから斜め下を見下ろすよう推奨する案内表示がある。苦しい。アイデア倒れ。

結局10分だけいるだけで退散。高すぎた(入場料が)。

| | コメント (0)

2016年2月17日 (水)

空港連絡鉄道(30)上海・浦東国際空港

上海・浦東国際空港からは地下鉄2号線が市内を経て虹橋空港まで走っている。ただし直通列車はなく、空港駅から乗ると広蘭路駅でホームの反対の列車に乗り換えることになる。乗り換え含め、約1時間で浦東地区の陸家嘴駅に到着。6元(約110円)。
Shanghai_metro_line_2
上海・地下鉄2号線【浦東国際空港駅】

Inside_of_shanghai_metro_line_2
上海・地下鉄2号線車内

しかし観光客としてはやはりリニアモーターカーである。最高時速431kmと世界最高速。空港から龍陽路駅までしか行けず、そこからさらに地下鉄などに乗り換える必要があり、あまり便利ではないとの評もあるようだが、これに乗ること自体がアトラクションである。

最高時速431kmで走っている時間は限られている。龍陽路駅発でいうと9時~10時45分と、15時~15時45分だけである。乗ったときは14時半ごろに龍陽路駅に着いたので、431kmを体感すべくわざわざ1本待つ羽目にあいなった。

乗ってみると、確かに速い。ただし、400km以上で走っているという実感はあまりわかない。加速するにつれ揺れと音が激しくなるので、それで早いかな、と感じる程度である。とはいえ、地下鉄で50分弱かかった空港までを6分で着いてしまうのだから速い。
Shanghai_maglev_train
雨をついてリニアモーターカーがやってきた【龍陽路駅(上海)】

Inside_of_shanghai_maglev_train
リニアーモーターカー車内【上海】

| | コメント (0)

2016年1月27日 (水)

インド北部旅行(8)上海

1月4日
ナイトフライトなのに毛布なし。もらい損ねた入国カードを求めると一瞥もくれずに黙って手渡し。現地時刻の案内なし。座席にモニターなし。ソフト・ハードともアジアの航空会社の中では例外的なサービス品質。それでも安いので利用する。これはこれで航空会社の生きる道。

5時間のフライトでデリー時間午前2時40分、上海時間5時10分に上海に到着。眠い。地下鉄2号線に乗り広蘭路駅での乗り換え含め約1時間で陸家嘴駅に到着。地上に上がると浦東地区を代表する東方明珠電視塔や高層ビル群が見える。この時間(7時過ぎ)に開いているファーストフードの店を発見。そこで粥(肉やピータン入り)と小さな肉まんの朝食。店員がやたら愛想よく感じる。感受性がインドモードになっているせいか。中国語が話せずしどもどしていたら英語に切り替わった。

20分ほど歩いて濱江大道に出る。川(黄浦江)が見えるはずだが、何やら工事中でみえない。が、さらに5分ほど歩くと川の見える遊歩道に。川の向こうに外灘(バンド)のレトロ建築物群が見えるが、スモッグで煙っている。川の水もゴミが多く、綺麗な景色とは言い難い。そしてここで催し・・・下痢。公衆トイレがそこそこきれいでよかった。

遊歩道を離れ、さらに歩く。ほぼ完成しているように見える高さ632mの「上海中心」、森ビルが開発した高さ492mの「上海ワールドフィナンシャルセンター」、そして高さ420mの「ジンマオタワー」が並び立つ。三大ビル夢の共演。ずっと隣に立っているのだから夢ではないか。

1時間あまり歩いて上海ワールドフィナンシャルセンターへ。ビル100階にある展望台へ。見えるのはここでもスモッグ越しの上海。部屋も狭く、すぐに飽きる。結局、10分で下階へ降りる。ここでまた下痢。まさかのウォシュレットで感激したが、水が出ない。機械がうなっている音は聞こえるが水が通っていないらしい。トイレまでもが見掛け倒し。

25分ほど歩いて東冒路の埠頭へ。ここから上海フェリー東金線に乗船。浦東と外灘、両方眺める8分間の楽しい船旅。しかもわずか2元(約40円)。外灘側へ。

着いた埠頭の建物の上の方に上がる階段があるので上がるとそこは黄浦江沿いの外灘遊歩道。北に向かって左手に外灘側の租界時代の建物が並び、右手に黄浦江、そしてその向こうには浦東のビル・タワー群が塊となって存在する。まさに上海を代表する風景。遊歩道自体も広々としていて、ベンチも置かれ、気持ちのいい空間。大勢の観光客が右に左にと記念撮影にいそしむ。川も空気も汚い点だけは残念。浦東のビル群も煙っている。
Shanghai
スモッグ越しの浦東の高層ビル群【上海】

遊歩道から降りて、中山東一路を北から南へ戻る。途中で路地に入り、ガイドブック掲載の店で豚バラ肉や脂身を甘辛く煮詰めた「紅焼肉」を。まずくはないが飽きる。路地内にも古い建物があり、多少、風情がある。

食後、20分ほど歩き、豫園商城へ。中国風の建物が並ぶ一大ショッピング・ゾーン。ここで中国人男女二人組に声をかけられる。いろいろ話しているうちに、中国茶のセレモニーを見に行くので一緒に行かないかと誘われる。しかし行ってみると(当然だが)金をとる模様。それほど興味があったわけでもないので、現金がない(本当になかった)ので断ると、クレジットカードで払えるとかいろいろ言い出した。危険な感じはなかったが、怪しい雰囲気になってきたので、そこでさよなら。なんかテンションが下がる。上海に来て油断してしまった。

気を取り直してほとんどテーマパークのような豫園商城をぶらぶら歩き、明代に作られた中国庭園「豫園」へ。迷わないけど迷路のような作りで、いろいろな方向から庭の眺めを歩いて楽しむ仕掛け。石を愛でる気分はちょっと理解できないのだが、円その他の形で壁に穴をあけて景色を切り取る美的感覚は好き。ジグザグの橋(九曲橋)などもいい。

と言いつつ、40分弱で退散。商城をさらにぶらつき、フードコート街のようなところに入って小籠包を。と思って食べてみたエビの焼売だった。冷めてるし。まあでもうまかったが。さらに上海老街へ。こちらも昔の中国風の街並みが整備された商店街。

そして豫園駅から地下鉄10号線、2号線と乗り継いで25分ほどで龍陽路駅へ。ここからリニアモーターカーで浦東国際空港へ。最高時速431km。地下鉄で50分弱かかったところをわずか6分で到着。

空港のセキュリティエリアに入って、余った現金で小籠包を。ターミナルビル内の環境でどうやって作っているのか知らないが、熱々で肉汁もたっぷり。そこそこおいしくいただいた。さらに余った現金で鉄観音茶のペットボトルを。これまた美味。日本でも売ってほしい。

そして中国東方航空で2時間ほどで羽田へ。ターミナルの端に着いたのか、中で意外に歩くが、預けた荷物を取ってからわずか4分後には京急に乗車。近い。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LRT・路面電車 | がっかり | アジア | アフリカ | アメリカ合衆国 | アラブ首長国連邦 | アルゼンチン | イエメン | イギリス | イスラエル | イタリア | イラン | インド | インドネシア | ウズベキスタン | エジプト | エチオピア | オセアニア | オランダ | オーストラリア | カナダ | カンボジア | ギリシャ | クロアチア | グアテマラ | シンガポール | ジンバブエ | スイス | スウェーデン | スペイン | スリランカ | スロベニア | スーダン | セネガル | タイ | タンザニア | チェコ | チリ | デンマーク | トルコ | ドイツ | ニセモノ | ニュージーランド | ネパール | ノルウェー | バヌアツ | バングラデシュ | パキスタン | パレスチナ | フィリピン | フィンランド | フランス | ブラジル | ブルガリア | ベトナム | ベネズエラ | ベルギー | ペルー | ホンジュラス | ボスニア・ヘルツェゴビナ | ボリビア | マリ | マルタ | マレーシア | ミャンマー | メキシコ | モロッコ | モンテネグロ | ヨルダン | ヨーロッパ | ラオス | ロシア | 上から | 世界遺産 | 中南米 | 中国 | 中東 | 主食 | 伝建地区 | 動物 | 北米 | 南アフリカ | 博物館・美術館 | 台湾 | 国境 | | 夕焼け | 夜明け | 夜景 | 夜行 | 実用情報 | 市場 | 挨拶等 | 旅行・地域 | 日本 | 楽器 | | | 空撮 | 空港連絡鉄道 | | 踊る | 道端の神々 | | 韓国 | 飲み物 | 香港 | 高速列車